フランチャイズ

法人を経営するオーナーさんへ

フランチャイズ本部を立ち上げるなら、弁護士とキッチリした契約書を作りましょう

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

最近、フランチャイズ本部の立ち上げを検討なさるオーナー様が増えています。

 

 

 

そういったご相談をいただく際は、弁護士を交えてキッチリしたFC契約書を作り込んでいくわけですが、

 

 

 

オーナー様の中には、ご自身で用意したひな形をお使いになろうとする方もいらっしゃいます。

 

 

 

ですが、正直とてもオススメできません。

 

 

 

時々あるのが、

 

 

 

①「ネットで拾ってきた契約書のひな形を修正して使おうと思うんですが、、、」

 

 

 

法律的には穴だらけのものばかりです。

 

 

 

フランチャイジーと何かあった時に、フランチャイザーを守るのは契約書だけですので、

 

 

 

そんなハイリスクを負ってはいけません。

 

 

 

②「昔、勤めていた会社が使っていたFC契約書のひな形を使おうと思っているですが、、、」

 

 

 

5年~10年以上前のFC契約書は、今の時代に合っていない条文も多いです。

 

 

 

ex.FCロイヤリティが、総売上の15%となっている、などなど。

 

 

 

現在の相場から考えると、高すぎますよね。

 

 

 

もし、その条件で契約を結んだとしても、加盟店さんの運転資金は2年と持たずにショートするでしょう。

 

 

 

フランチャイズの契約書は、オーダーメイドが原則だと思ってください。

 

 

 

●加盟金はいくらにするのか?

 

●保証金は設けるのか?

 

●店舗譲渡金はあるのか?

 

●不動産契約はどうするのか?

 

●ロイヤリティーは?

 

●契約期間は?

 

●契約を守らない時の違約金・解約金をいくらにするのか?

 

 

 

などなど、オーナー様の思い描くシステムを1つ1つオーダーメイドで形にするものなので、

 

 

 

他の誰かが作ったものではなく、

 

 

 

オーナー様独自のフランチャイズ契約書を形にしていただくことをオススメします。

 

(また、それが万が一裁判になった時、ご自身を守る最良の手段でもあります)

 

 

 

何はともあれ。

 

 

 

フランチャイズ本部を立ち上げる際は、弁護士を交えてキッチリしたFC契約書を作り込んでいきましょう。

 

 

 

企業法務に詳しい弁護士のご紹介もできますので、ご検討中のオーナー様はご相談ください。

 

 

 

それでは。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容師さんと手荒れ美容師さんと手荒れ【オーナーになるという選択肢】前のページ

「オーナーになると落とせる経費があると聞いたんですけど」【経営者ってだいぶ得】次のページ開業と経費

関連記事

  1. 美容室と未払残業代
  2. 美容室と協賛金
  3. 従業員への貸し付け
  4. 借入の一本化
  5. 美容室の決算月
  6. リースにご注意を

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP