資本金と借入金

会計・経費のこと

資本金と借入金の違いについて

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

資本金と借入金。

 

 

 

 

お店の資金調達の手段という点では、どちらも一緒ですが、

 

 

 

 

資本金と借入金には、いくつか違いがありますので、

 

 

 

 

念のため知っておいてください。

 

 

 

1.資本金は返さなくていい

 

 

資本金は、借入金と違って、

 

 

 

 

「返済しなくていいお金」です。

 

 

 

 

借入が返済期日を迎えると、待ったなしに引落しがかかるのに対し、

 

 

 

 

資本金であれば返済期日もありませんし、もちろん引落もなし。

 

 

 

 

だからこそ、安定的な経営を行っていくために、

 

 

 

 

資本金(自己資金)は欠かせないものと言えます。

 

 

 

2.出資により経営に影響力を行使できる

 

 

また、資本金=出資ということですので、

 

 

 

 

持株比率に応じた経営権を持つことができます。

 

※出資して株主になれば、経営に口を出すことができるということです

 

 

 

 

一方、借入金は、出資と異なり、原則として経営権に影響を及ぼしません。

 

ただ、借入に依存した財務状態になると、銀行に口を出されることになります

 

 

 

3.配当金と利息

 

 

借入金が、銀行に対して「利息」を支払うのに対し、

 

 

 

 

資本金は、株主に対して「配当金」を払っても良いですし、払わなくてもいいです。

 

 

※中小企業の場合、配当を払わないことが一般的です

 

 

 

4.まとめに

 

また、資本金は、簡単に増やしたり減らしたりすることができません。

 

 

 

登記手続が必要で、登録免許税や司法書士に依頼すると手数料がかかります。

 

 

 

 

そういった点も、借入との違いと言えます。

 

 

 

 

「借入金」と「資本金」。

 

 

 

 

この2つの資金の性格を考えて、

 

 

 

 

財務上のスコアを健全に保ちながら、資金調達をなさってください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

実質黒字赤字が続いているのに、高額な役員報酬のオーナーさん前のページ

SIMフリーへの変更で、携帯代の削減次のページSIMフリー

関連記事

  1. 美容室と店舗ごとの収益
  2. 減価償却費のない決算書・試算表
  3. 美容室の多店舗展開
  4. 開業と経費
  5. 美容室の社員旅行と、会計処理
  6. 「領収書」と「レシート」の違い【どっちをもらえばいいのか迷ってませんか?】

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP