実質黒字

法人を経営するオーナーさんへ

赤字が続いているのに、高額な役員報酬のオーナーさん

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

新規でご相談にいらっしゃるオーナーさんの中には、

 

 

 

 

赤字決算が続いているにも関わらず、年間数千万円の高額な役員報酬を法人から受け取っている方もいます。

 

 

 

 

ここまでは何も問題ありません。利益をどう使うかは、オーナーさんの自由だからです。

 

 

 

 

ただ、「赤字+高額な役員報酬」を受け取っている状態で

 

 

 

 

「追加融資を受けたいんですが。」とご相談いだだくのであれば、話は別です。

 

 

 

 

結論からお伝えすると、追加融資をスムーズに進めたいのであれば、

 

 

 

 

「役員報酬を減額して、決算を黒字にする姿勢を、銀行に見せる必要があります。」

 

 

 

 

中小企業の場合、会社=オーナーさんですから、

 

 

 

 

役員報酬を考慮すれば黒字になると考え、融資が行われることもあります。

 

 

 

 

 

法人が500万円の赤字決算であるのに、オーナーさんの役員報酬が2,000万円だとしたら、

 

 

 

 

社長の役員報酬を考慮すれば実質的に、この会社は黒字だと考えられます(給与もらいすぎて赤字なだけでしょ?ということです)。

 

 

 

 

そのため、融資の返済が足りない場合、社長のプライベートのお金で返済を続けることができるなと予想されます。

 

 

 

 

しかし、融資の返済は、基本的に法人の資金からしなければなりません。

 

 

 

 

実際の審査でも、法人単独の返済能力が審査されるのであって、個人の資金はあくまでも予備的な位置づけです。

 

 

 

 

 

つまり、このままでは審査で、

 

 

 

「このオーナーさんは、会社の決算をどう考えているのか?」

 

「黒字にするという経営感覚はあるのか?」

 

 

 

とネガティブな印象を与えてしまうということです。

 

 

 

 

オーナーさんの役員報酬を加味したら、実質的には黒字決算だとしても、

 

 

 

 

会社の単独決算が赤字であることを理由に融資が断られることも少なくありません。

 

 

 

 

その状態での追加融資をご希望でしたら、

 

 

 

 

まず、役員報酬を減額して、会社の決算を黒字にする姿勢が求められます。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

資金繰りは大切資金繰りは、お店の競争力に直結する前のページ

資本金と借入金の違いについて次のページ資本金と借入金

関連記事

  1. 個人事業から会社にするメリット、その①「信用力が上がる」(法人化・法人成りのメリット)
  2. 最低賃金の引上げ
  3. 中退共は慎重に
  4. マイインターン
  5. 防災用品と美容室
  6. 最低賃金

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP