借入をしないという選択

個人事業主のオーナーさんへ

銀行借入をしないほうがいいオーナーさんもいます

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

美容室を経営なさっていると、

 

 

 

 

「借入をした方がいい。」

 

 

 

 

ということを、お知り合いのオーナーさんから聞くこともあると思います。

 

 

 

 

確かに、借入をした方がいい場合も多いのですが、

 

 

 

 

逆に、借入をする必要がないのに、借りているオーナーさんもいらっしゃいます。

 

 

 

1.多店舗展開をしない

 

 

あなたが将来、多店舗展開を進めていかれるのでしたら、

 

 

 

 

融資を積極的に活用する必要があります。

 

 

 

 

 

次の店舗の出店資金が貯まるまで待っていたら、

 

 

 

 

 

出店スピードが遅くなるからです。

 

 

 

 

しかし、1店舗経営が理想の経営スタイルで

 

 

 

 

今後も多店舗展開をしないのでしたら、

 

 

 

 

 

無借金経営の方が、むしろ望ましいことも多いです。

 

 

 

2.現預金残高が潤沢ある

 

 

また、売上が比較的安定している場合で、

 

 

 

 

月商の6カ月分以上の運転資金が手元にある場合なども、

 

 

 

 

 

借入をする必要が少なくなります。

 

 

 

 

それだけの運転資金があれば、いざという時の備えとしては十分ですし、

 

 

 

 

財務上のスコアも高いので、追加の新規融資も通りやすいからです。

 

 

 

3.まとめ

 

 

「多店舗展開をしない。」「手元現預金が潤沢にある。」

 

 

 

 

ということでしたら、無借金経営も1つの選択です。

 

 

 

 

お金が血液に例えられるように、なくなれば、お店は続けていけません。

 

 

 

 

しかし、借りる必要がないのに借りる意味はありません。

 

 

 

 

無駄に利息を支払うことになります。

 

 

 

 

自分が借入をした方がいいのか、それともする必要がないのか。

 

 

 

 

ご自身の理想とする店舗展開と照らして、1度ご検討ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の納税資金銀行は、納税資金も融資してくれます【美容室の資金繰り】前のページ

オーナーの皆さま、ニセ税理士にご注意を次のページニセ税理士に注意

関連記事

  1. 健康診断、美容室
  2. 美容室とゆとり世代
  3. 美容室と未払残業代
  4. 個人事業主が事業用とプライベート用の通帳(口座)を分けたほうが良い理由
  5. インフルエンサー
  6. 美容室と確定申告

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP