確定申告・年末調整で、所得控除を見逃していませんか?【社会保険料控除】

個人事業主のオーナーさんへ

確定申告・年末調整で、「所得控除」を見逃していませんか?【社会保険料控除】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

 

青色申告には、いろいろなメリットがありますが、青色申告をする人だけでなく

 

 

 

 

 

誰でも受けることができる所得税のメリットが「所得控除」です。

 

 

 

 

 

「所得控除」とは、条件に当てはまれば、

 

 

 

 

 

今年の収入(所得)から差し引くことができる金額をいいます。

 

 

 

 

 

つまり、税金が少なくなるのでお得ということです。

 

 

 

 

 

確定申告・年末調整ともに、その目的は、あなたの所得税の計算にありますので、

 

 

 

 

 

「所得控除」をきちんと差し引くことが、節税の大事なポイントになります。

 

 

 

 

 

なお、「所得控除」を見逃していたとしても、税務署は決して教えてくれません。

 

 

 

 

 

税金を多く払ってくれるなら、むしろ嬉しいくらいでしょうね。

 

 

 

 

 

「所得控除」は、全部で14種類ありますが、

 

 

 

 

 

今日は、その中でも最もポピュラーでインパクトの大きい、

 

 

 

 

 

「社会保険料控除」をご説明しましょう。

 

 

1.「社会保険料控除」の内容

 

 

まず、「社会保険料控除」の内容を、簡単に箇条書きにしてみると、

 

 

 

 

 

①健康保険、国民健康保険、介護保険、労働保険、国民年金、国民年金基金、厚生年金などに支払った保険料の金額が対象となります。

 

 

 

 

 

②支払った金額は、「全額」引くことができます。

 

 

 

 

 

③その年の1月1日~12月31日までに支払った金額が対象となります。

 

 

 

 

 

④「未払い」の金額がある場合には引くことはできません。

 

 

 

 

 

⑤逆に、「前払い」の金額がある場合は、引いてもOKです。

 

 

 

 

 

⑥本人の分だけでなく、生計を1つにする配偶者や親族の分を代わりに払っても、引くことができます。

 

 

 

 

 

「社会保険料控除」には、こんな特徴があります。

 

2.「社会保険料控除の必要書類」

 

 

そして、「社会保険料控除」を引くための「必要書類」は、

 

 

 

原則、証明書類はいりません

 

 

 

 

社会保険は、国の制度なので、誰がいくら納付したのか国が把握していますからね。

 

 

 

 

 

②ただし、「国民年金」と「国民年金基金」だけは、「控除証明書(支払証明書)」が必要となります。

 

 

 

 

証明書の添付が不要であることをいいことに、実際は納めていないのに、年金に関する

 

 

 

社会保険料控除を申告する人が出てきてしまったためです、10年くらい前でしょうかね

 

 

 

 

つまり、「どの種類の社会保険料を」・「いくら」払ったかさえわかれば、

 

 

 

 

 

「社会保険料控除」は、所得から引くことができてしまうんですね。

 

 

 

 

 

なんて使い勝手がいいシステムでしょう、使わないともったいないですね。

 

 

 

 

 

ぜひ、あなたも「社会保険料控除」を引けるかどうか、チェックしてみてくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室のWEB集客においてホットペッパービューティーが強い理由【サロン系の予約サイトでは、ほぼ無敵】美容室のWEB集客においてホットペッパービューティーが強い理由【サロン系の予約サイトでは、ほぼ無敵】前のページ

高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】次のページ高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】

関連記事

  1. 損益通算
  2. 美容師さんと副業

    個人事業主のオーナーさんへ

    副業とオーナーさんの気持ち

    「お店に隠れて副業しています。…

  3. オーナーの健康診断と美容室
  4. 美容室とゆとり世代
  5. 借入をしないという選択
  6. 健康診断、美容室

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP