はじめるとき、やめるとき

思ったこと、感じたこと

「閉店日を決めておく。」というオーナーさんの覚悟

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「私は、閉店日を決めて独立したんです。」

 

 

 

 

あるオーナーさんのお言葉に、非常に共感しました。

 

 

 

 

1.閉店日を決めておくとは

 

 

「こうなったら、お店を閉める。」

 

 

 

 

という日を決めてから、独立なさったということです。

 

 

 

 

 

独立開業セミナーなどでは教えてくれない、

 

 

 

 

 

本当に大切な考えだと思います。

 

 

 

 

 

経営が苦しくなったとき、

 

 

 

 

 

早めに損切りをすれば、次の一手を打つ余裕が残ります。

 

 

 

 

逆に、

 

 

 

 

「まだいける、まだ何とかなる。」

 

 

 

 

と閉店日を引き延ばし続けると、

 

 

 

 

赤字が続いて、借金だけが膨らんでいき、

 

 

 

 

最悪の場合、再起できなくなる。

 

 

 

 

こういう事態を避けるためにも、「閉店日を決めておく。」

 

 

 

 

経営の本などには載っていない、大切な考えだと思います。

 

 

 

2.どういう条件にするか

 

 

「月の利益が、6か月連続で〇万円以下になったとき。」

 

 

「お客様へ、納得できるサービスが提供できなくなったとき。」

 

 

「経営よりも、資金繰りに使う時間がふえたとき。」

 

 

 

 

など、人によって、条件は違うと思いますが、

 

 

 

 

「こうなったらお店を辞める。」

 

 

 

 

というデッドラインは、確かに決めておいたほうがいいなと。

 

 

 

 

引き際を間違えると、大変なことになるからです。

 

 

 

3.まとめに

 

 

「何かをはじめるにせよ、辞めるにせよ、

 

決断は早い方がいいですから。」

 

 

 

 

 

そのオーナーさんは、こうも仰っていました。

 

 

 

 

 

私も、自分の仕事に置き換えてみると、

 

 

 

 

 

考えさせられることが多かったです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

確定申告書の写し確定申告書を無くした場合は、税務署の閲覧サービスを利用しましょう前のページ

今年のふるさと納税はお早めに次のページふるさと納税

関連記事

  1. 美容室理容室専門の税理士、山本佳
  2. 美容室とペット同伴
  3. 美容とゴールデンウィーク
  4. 融資を受けやすい時期
  5. 家賃支援
  6. 美容室と業務委託

最近の記事

  1. 美容室と融資
  2. 理美容業
  3. iDeCo(イデコ)
  4. 給付延長
  5. 生命保険料控除
  6. 大切なのはキャッシュ
  7. 年末調整
  8. 足立区の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP