雨でも傘を貸してくれる

銀行・融資・財務のこと

銀行は、雨でも傘を貸してくれる

 

税理士の山本です。

 

 

 

「雨の日に傘を貸さない」

 

 

 

と銀行が言われているのは、有名な話です。

 

 

 

 

つまり、資金繰りが厳しくて、本当に資金が必要な時には貸してくれない。

 

 

 

ですが、実はそうでもないんです。

 

 

 

意外と知られていないのは、

 

 

 

「小雨の時は貸してくれる」

 

「ゲリラ豪雨の時も貸してくれる」

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

小雨の時は、大雨になって手遅れにならないように銀行は力を貸してくれます。

 

 

 

また、ゲリラ豪雨はすぐにやむことがわかっているため、

 

 

 

ゲリラ豪雨であることを説明すれば銀行は貸してくれます。

 

 

 

 

1番良くないのは、大雨になってから銀行に相談に行くケース。

 

 

 

「雨の日に傘を貸さない。」

 

 

 

と言われるのは、このタイミングで相談に行くケースがほとんどです。

 

 

 

 

大雨になってしまったら、銀行はなかなか傘を貸してくれません。

 

 

 

 

じゃあどうすればいいかというと、

 

 

 

 

常に天気予報(月次試算表)をチェックしておくこと。これが大切です。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

「あれ?これは雨が降るかもしれない(業績が悪くなるかもしれない)?」

 

 

 

 

と思ったら、傘(運転資金)を借りておいてください。

 

 

 

 

それをやっているオーナーさんは、ちょっとした雨をしなやかに乗り切っています。

 

 

 

 

銀行さんは、大切なビジネスパートナーです。

 

 

 

 

3か月に1度など、定期的に連絡を取るようにして、信頼関係を築いておいてください。

 

 

 

 

信頼関係があれば、小雨やゲリラ豪雨の時、傘を貸してくれるからです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

住民税特別徴収額決定通知書令和元年分の住民税、特別徴収決定通知書が届き始めています前のページ

決算書に残高証明書をつけると、銀行の信頼度がアップする次のページ残高証明書の添付

関連記事

  1. 美容室とコンサルタント
  2. 美容室と融資
  3. 信用保証協会との付き合い方、必ず覚えておきたい2つのポイント
  4. メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する
  5. 分散投資でリスクヘッジ
  6. 美容室オーナーさんと、早食いと

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP