美容室と融資

銀行・融資・財務のこと

借入と定期預金に隠されたトリック

 

 

「借入と一緒に、定期預金をお願いできませんか?」

 

 

 

融資を受けるとよくある話ですが、

 

 

銀行の担当者がこんなことを言ってくる場合があります。

 

 

 

あなたは、この言葉の裏に隠された意味をご存知でしょうか?

 

 

 

「別に、定期くらいなら組んでもいいよ。」

 

 

 

そう答えているなら、要注意です。

 

 

 

このお願いを受けているということは、

 

 

気付かないうちに、銀行に損をさせられています。

 

 

 

 

まず、結論として、

 

 

「融資のとき、銀行に頼まれても、定期預金を組まないでください。」

 

 

なぜなら、

 

 

「実質的な金利が、上がるからです。」

 

 

 

ぜひ、この言葉を覚えておいてください。

 

 

 

 

銀行から融資を受けるときは、皆さん金利を気にすると思います。

 

 

ですが、もし、「銀行融資」と「定期預金」を同時に契約したら、

 

 

あなたの知らぬ間に、負担する金利が上がっています。

 

 

 

 

簡単に説明すると、こういうトリックです。

 

 

借入金 1,000万円、年利3%で、

定期預金 300万円、年利0%を

同時に組んだとすると、

 

 

銀行に支払う1年間の利息は、30万円

 

銀行から受け取る1年間の利息は、0円

 

③借入金として実際に使えるお金は、700万円

 

④実質的な金利は、

30万円÷700万円= 4.28%

 

 

 

つまり、3%の金利が、定期預金により、

 

実は、4.28%の金利に上がってしまう。

 

 

ひどい話ですよ。

 

 

数字のトリックなんですが、これが実に気付きにくい。

 

 

 

しかも、銀行の担当者の中には、

 

 

「社長、将来に備えてやっておきましょうよ!」

 

 

などと、さも、あなたのためになるような営業トークをしてくる方もいますので、

 

 

本当に気を付けてほしいと思います。

 

 

 

銀行の担当者の営業成績は上がりますが、

あなたの経営成績は下がります。

 

 

 

ですので、

 

 

「融資のとき、銀行に頼まれても、定期預金を組まないでください。」

 

 

なぜなら、

 

 

「実質的な金利が、上がるからです。」

 

 

ぜひとも、この言葉を覚えておいていただきたいと思います。

 

 

なお、すでに組んでしまっている方は、定期預金の解約の手続きを進めてください。

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と社員旅行こんな社員旅行は、税務署が黙ってないのでご注意を!前のページ

ありがたいご縁次のページ美容室とご縁

関連記事

  1. 預金通帳は、貸借逆
  2. 増資と融資
  3. メガバンクだけでなく、地銀、信金ともお付き合いを継続する
  4. 銀行評価
  5. 美容室の財務戦略
  6. 融資と説明

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP