美容室と社員旅行

税務調査がくる前に

こんな社員旅行は、税務署が黙ってないのでご注意を!

 

 

「社員旅行、いくらまでなら会社が負担してOKですか?」

 

 

毎年5月や2月は、美容室のお客様から、こんなご質問をいただきます。

 

 

実は、旅行代を会社が負担するのは、スタッフさんにお金をあげているのと同じですので、

 

 

本来、給与と認定されてしまいます。

 

 

 

「給与」になると、所得税・住民税・社会保険料がかかってしまう。

ひどい話ですよ。

 

 

 

ですが社員旅行は、

 

 

「日本において、社会通念上一般に行われている。」

 

「金額が僅少であれば、課税しなくても問題ないと考えられている。」

 

 

 

ことから、次の3つの条件をすべて満たせば、給与にならないことになっています。

 

 

そのため、ぜひ、次の条件を満たすような社員旅行を計画してください。

 

 

①旅行の期間が、4泊5日以内であること(日数)

 

 

海外旅行の場合には、外国での滞在日数が4泊5日以内であればOKです。

 

 

②旅行に参加した人数が、全体の人数の50%以上であること(参加割合)

 

 

店舗ごとに旅行に行くのであれば、それぞれの店舗ごとに50%以上の参加が必要です。

 

 

③1人あたりの会社負担額が、おおむね10万円以下であること(金額)

 

 

10万円を超えると、否認される可能性がグッと高くなります。

 

 

 

 

以上、3つの条件をすべて満たせば、

 

社員旅行代を「福利厚生費」にすることができます。

 

 

 

問答無用で給与とされてしまうケースも

 

一方、先ほどお伝えした①~③の要件を満たしても、

 

こんなケースでは、問答無用で給与とされてしまうのでご注意ください。

 

 

 

④不参加者に現金を払う

 

旅行に行った人と行かなかった人のバランスをとるために、

 

不参加者に1人でも「現金」を支給すると、社員旅行に参加した人まで給与課税がされます。

 

 

知らないとやってしまうかもしれません。

お気を付けください。

 

 

 

⑤役員だけなど、一部の人だけ参加する旅行

 

また、一部の人だけが参加する旅行は認められません。

 

プライベートな旅行と変わらなくなってしまうからです。

 

※ただし、研修旅行であれば、一部の人だけが参加しても経費になります。

 

 

 

以上、社員旅行の注意点をお伝えさせていただきました。

 

 

 

ルールで認められる範囲内で、繁忙期を乗り切ったスタッフさんをねぎらって頂ければと思います。

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

【参考:国税庁 従業員レクリエーション旅行や研修旅行】

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と簿記簿記3級の知識さえあれば、決算書の読み方がわかります前のページ

借入と定期預金に隠されたトリック次のページ美容室と融資

関連記事

  1. 理美容業と領収書
  2. 税理士と調査
  3. 「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】
  4. 税務調査と税理士
  5. 美容室
  6. 税務調査対策

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP