銀行・金融機関の選び方のポイント、その②「融資金額と金利」

銀行・融資・財務のこと

銀行・金融機関の選び方、その②「融資金額と金利」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

事業を営んでいるお客様からよくいただくご質問がこちら。

 

 

 

 

「どの銀行から借りたらいいですか?」

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

銀行もたくさんありますし、どこに申し込んだらいいか迷いますよね。

 

 

 

 

 

そこで、取引銀行の選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、知っておいていただきたいのが、

 

 

 

 

 

「あなたの事業のステージ(規模)に応じて、銀行を選んでください。」

 

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

これは、今後の資金調達のためにも覚えておいてください。

 

 

 

 

 

あなたの事業の規模に応じて、選ぶべき銀行が変わってくるからです。

 

 

 

 

 

 

今日は、ポイント②「融資金額と金利」をお伝えします。

 

 

 

 

ポイント②「融資金額と金利」

 

 

まず、大きく分けて、民間の銀行は、次の3区分に分けることができます。

 

 

 

 

 

①メガバンク(都市銀行) 大企業向け

 

 

 

②地方銀行     小規模~中堅企業向け

 

 

 

③信用金庫     小規模向け

 

 

 

 

 

まず、「融資金額」でいうと③→②→①の順に、融資金額が大きくなります。

 

 

 

 

言い方を変えると、小口の融資は受け付けてくれなくなります。

 

 

 

 

 

小口の融資は、事務手続きも増えますし、管理上の手間もかかるので、

 

 

 

 

 

メガバンクでは、まず小さすぎて相手にしてもらえません。

 

 

 

 

 

融資の桁(0)が1つ増えて、「最低1,000万の融資申込からどうぞ」くらいの感覚でいてください。

 

 

 

 

 

 

つぎに、「金利」でいうと、①→②→③の順に、金利が高くなります。

 

 

 

 

 

メガバンクの金利が安いのは、日本銀行からの調達金利が低いためです。

 

 

 

 

民間の銀行も、日本銀行から安い金利で借りているので、

 

 

 

その分、金利を低く貸すことができるんですね。

 

 

 

 

 

「日銀→民間の銀行→事業主」という流れで、お金の流れができています。

 

 

 

 

 

 

「融資金額」そして「金利」から言えることは、

 

 

 

 

あなたの事業が大きくなってきて、店舗数を2店舗・3店舗と増やしていくにつれて、

 

 

 

 

 

②地方銀行→①メガバンク(都市銀行)と取引したほうが有利になってくるということ。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

融資金額」の上限が上がり、「金利」も安くなる傾向にあるからです。

 

 

 

 

 

 

ですので、

 

 

 

 

あなたの「成功」に「事業の成長拡大」が含まれているのなら、

 

 

 

 

いざ借りるときになって口座を開くというよりは、

 

 

 

 

 

ずっと使っていたという実績があったほうが良いので

 

 

 

 

 

早い段階から②地方銀行や①メガバンク(都市銀行)に口座を作っておいて、

 

 

 

 

 

事業が成長拡大するにつれて、徐々にそちらの口座に移行するのが望ましいということです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

銀行・金融機関の選び方のポイント、その①「融資の受けやすさの違い」銀行・金融機関の選び方のポイント、その①「融資の受けやすさの違い」前のページ

開業時の日本政策金融公庫の融資と、返済口座指定のポイント次のページ開業時の日本政策金融公庫の融資と、返済口座の選び方のポイント

関連記事

  1. ①「信用保証協会の保証付き」と②「プロパー」という2つの融資パターンが
  2. 銀行の審査でチェックされる書類「運転免許証と通帳」の裏話
  3. 資金繰りに苦しむオーナー様
  4. 美容室と出店
  5. 美容室の縮小移転
  6. 美容師と住宅ローン

最近の記事

  1. iDeCo(イデコ)
  2. 給付延長
  3. 生命保険料控除
  4. 大切なのはキャッシュ
  5. 年末調整
  6. 足立区の美容室
  7. 専従者給与の変更
  8. 電子申告か、それ以外か

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP