借入は返さない。

銀行・融資・財務のこと

借りたお金は(できるだけ)返さない。

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

表題の件は、決して、

 

 

 

 

「借金を踏み倒しましょう。」というわけではありません。

 

 

 

 

財務の話。資金繰りの話です。

 

 

 

 

中小企業は、オーナーさん以外の第3者からの出資が、ほとんどありません。

 

 

 

 

また、もしあったとしても、

 

 

 

 

そんなことしたら事実上経営を、乗っ取られます。

 

 

 

 

すると、資金調達は、融資(借入)しかないということになります。

 

 

 

 

その場合、

 

 

 

 

①「借りたお金を返さない」

 

 

 

②「借りたお金をゆっくり返す」

 

 

 

③「無借金経営をする」

 

 

 

 

上にいくほど資金繰りが良くなります。

 

 

 

 

 

ただ、①「借りたお金を返さない」は、

 

 

 

 

もしやってしまうと、あなたの信用情報にキズが付きます。

 

 

 

 

なので、実行するなら、経営危機の非常手段としてです。

 

 

 

 

また、③「無借金経営をする」は、

 

 

 

 

多店舗展開をお考えでないオーナーさんの場合は、

 

 

 

 

ベストな選択になることもありますが、

 

 

 

 

もし、あなたが2、3店舗と、多店舗展開をお考えなら、

 

 

 

 

成長スピードが遅くなりますので、オススメできません。

 

 

 

 

そのため、現実的には、

 

 

 

 

②「借りたお金をゆっくり返す」

 

 

 

 

を選択することになります。

 

 

 

 

 

「運転資金」は、短期で転がしてもいいので、

 

 

 

潤沢な手元資金を確保する。

 

 

 

「設備資金」は、できるだけ長い返済年数になるよう、

 

 

 

銀行と交渉する。

 

 

 

 

これにより、確実に資金繰りは良くなります。

 

 

 

 

 

借入は、成長するための養分です。

 

 

 

 

多すぎると木が腐りますが、なくてはならないものです。

 

 

 

 

それをどんどん返してしまうと、成長出来なくなります。

 

 

 

 

あなたの経営戦略に合わせた、適切な資金調達をご検討ください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容機器の耐用年数美容機器などを耐用年数より長く借りるための、あるテクニック前のページ

電話よりはメール、メールよりはLINEが望ましい次のページ連絡手段と思いやり

関連記事

  1. 美容室と繰上返済
  2. 美容室と在庫
  3. メインバンク変更
  4. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その①「融資の受けやすさの違い」
  5. 創業時の借入を多さが、あなたの倒産を防ぎます【銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す】
  6. 格付けを意識

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP