融資の借り換え

銀行・融資・財務のこと

他の銀行が、借換えを提案してきたとき

 

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「取引のない銀行が、既存の融資の借換えを提案してきています。

 

金利は現在の借入金よりも低いです。

 

今の銀行とは長いつきあいがあり、返すのは気が引ける気持ちもありますが、金利が下がるのは魅力的です。

 

どう対応すればよいでしょうか?」

 

 

 

 

 

新規の営業手法として低金利を提示するのは、よくあることです。

 

 

 

 

 

既存の取引銀行からすると、

 

 

 

 

 

他の銀行に借換えをされるのは非常にショックなこと。

 

 

 

 

 

通常であれば必死に阻止しようとします。

 

 

 

 

 

この時のオーナー様のご判断としては、

 

 

 

 

 

既存の銀行との取引を、今後も望んでいるどうかによると思います。

 

 

 

 

 

正直にお伝えすると、借換えに応じると、

 

 

 

 

 

今の取引銀行との関係が悪化しまう可能性があるからです。

 

 

 

 

 

逆に、関係がすでに悪化している場合には、

 

 

 

 

 

肩代わりにより返済しても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし既存の取引銀行との取引を維持していきたいと考えるのであれば、

 

 

 

 

 

肩代わりによる返済は見送った方が得策だと考えます。

 

 

 

 

 

 

銀行からすれば、他の銀行に肩代わりをされたお客様に対しては、

 

 

 

 

 

大切に思う気持ちが薄れてしまうのが正直なところです。

 

 

 

 

 

 

もちろん金利は大切です。

 

 

 

 

 

 

しかし、銀行を選ぶときに1番大切なことは、

 

 

 

 

 

「いざという時に資金繰りを助けてくれるかどうか」です。

 

 

 

 

 

資金繰りが破綻してしまえば、その時点で倒産です。

 

 

 

 

 

 

その資金繰りをバックアップしてくれる銀行との取引関係・信頼関係は、

 

 

 

 

 

金利には変えられないものです。

 

 

 

 

 

 

どちらがより資金繰りを親身に考えてくれる銀行なのか、

 

 

 

 

 

慎重に考えてお決めいただくことをオススメします。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と繰上返済繰上返済すると、銀行評価は下がりますか?前のページ

「節税保険」の販売自粛が広がる次のページ節税保険

関連記事

  1. 借入は返さない。
  2. 全国銀行協会
  3. 美容室と融資の面接
  4. マル経融資
  5. 日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?
  6. 美容室の銀行対策

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP