預金通帳は、貸借逆

銀行・融資・財務のこと

銀行の預金通帳が、左が出金・右が入金の理由【あるオーナー様が持たれた疑問】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「銀行通帳って、左が出金・右が入金になってますけど、これって普通逆じゃないですか?」

 

 

 

私のお客様であるオーナー様が、こんな疑問を持っていらっしゃいました。

 

(ちなみにそのオーナー様は、簿記の知識をお持ちです)

 

 

 

そもそも簿記のルールからすると、

 

 

 

「左は入金(資産)、右は出金(負債)」となるべきです。

 

 

 

では、預金通帳はなぜ、わざわざ左右反対に書かれているのでしょうか?

 

 

 

 

実はこれ、銀行にもそれなりの理由があります。

 

 

 

もし、我々が、銀行を開いたとしてみましょう。

 

 

 

その際、お客様から預かった預金はどのように取り扱うでしょうか?

 

 

 

「預金」はその名のとおり、お客様から「預」かったお「金」のことで、

 

 

 

お客様が引き出したいといえば、お返ししなければなりません。

 

 

 

つまり、銀行からすると、「負債」として計上することになります。

 

 

 

お客様から見て「資産」となる預金は、

 

 

 

預かる銀行から見れば、反対の「負債」となるのです。

 

 

 

 「負債」は簿記上、「資産」と反対で、

 

 

 

増えるときは右に、減るときは左に金額を書くことになっています。

 

 

 

銀行から見れば、「預金の預入」は負債が増えるので向かって右側に、

 

 

 

「預金の引出し」は負債が減るので左側に書くことになる。

 

 

 

それがそのまま預金通帳の書式となっているわけです。

 

 

 

 

最近は銀行のホームページから銀行の決算書を見ることも出来ますので、

 

 

 

興味があれば1度見てみるとよろしいかもしれません。

 

 

(普段は、私たち経営者の決算書を見る立場の銀行ですが、

銀行の決算書を、私たちが逆に見ることもできるんです。)

 

 

 

話はそれましたが、

 

 

 

預金通帳は「銀行目線」で書かれているので、

 

 

 

私たちとは、逆の書式で書かれているということ。

 

 

 

「銀行通帳って、左が出金・右が入金になってますけど、これって普通逆じゃないですか?」

 

 

 

という疑問を持たれたオーナー様。

 

 

 

簿記の知識があればこその、鋭いご質問だなと思った次第です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

プライベートサロンの開業プライベートサロンで独立するなら、必ず気にしていただきたいこと【ご家族の生活を守るため】前のページ

ふるさと納税はお早めに【冷蔵庫が入りきらないことも】次のページ美容室とふるさと納税

関連記事

  1. 住宅ローンと年齢
  2. 預金平残と美容室
  3. 美容業と現預金残高
  4. 分散投資でリスクヘッジ
  5. 美容室の銀行対策
  6. 雨でも傘を貸してくれる

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP