コロナ対策融資

銀行・融資・財務のこと

新型コロナ対策の無利子・無担保の新融資、3月17日から受付スタート!

 

 

税理士の山本です。

 

 

1円でも多く、1日も早く、運転資金を確保なさってください。

 

 

新型コロナウィルス対策の1つとして、

「実質無利子・無担保」の新融資制度が日本政策金融公庫で3月17日から受付がスタートします。

 

 

式名称は、「新型コロナウィルス感染症特別融資」。

 

 

融資の条件は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、

 

 

①「最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期に比し5%以上減少していること、またはこれと同様の状況にあること」

 

②「中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること」

 

 

この2つの条件を満たす方です。

 

 

この融資では、一定期間経過後に利子補給がある(利子分の補助金が入金される)予定で、

これにより、実質的に無金利になるという制度です。

 

 

既に日本政策金融公庫から融資を受けていても、別枠の融資という扱いになりますので、

要件に当てはまる方は追加融資を受けることが可能です。

 

 

融資申請をするためには、必要な資料は以下のサイトでご確認ください。

【提出資料:新型コロナウイルス感染症特別貸付】

 

 

 

公庫の方と話をしましたが、

緊急の資金を要する各業種のオーナー様からの問い合わせが日に日に増えているそうです。

 

 

申請なさる方は、3月17日から日本政策金融公庫へお申込ください。

 

 

なお、融資が決定するまで、また、決定した後も入金するまで相当時間がかかると想定されますので、

融資を検討されているオーナー様は、早めの申請を心がけていただければと思います。

 

 

史上まれに見る緊急事態です。

 

 

コロナの影響がいつ収束するか誰にもわからないのが現状ですので、

1円でも多く、1日も早く、運転資金を確保なさってください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と振替納税所得税5月15日・消費税5月19日【振替納税の口座振替日が公表】前のページ

新型コロナウィルス感染症特別融資【新店舗を出店して売上が上がっていても、融資の対象となることがあります!】次のページ美容業と新型コロナウイルス感染症特別貸付

関連記事

  1. スタッフの退職
  2. 実質無利息
  3. 銀行・金融機関の選び方のポイント、その①「融資の受けやすさの違い」
  4. 社長貸付金と美容室の決算書
  5. 埼玉県・美容室
  6. 銀行と見せかけの低金利

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP