節税の納税

税金・社会保険のこと

永遠のテーマ、節税と納税

 

税理士の山本です。

 

 

 

「節税と納税」

 

 

 

永遠のテーマですが、特殊な場合を除き、納税しないと会社は大きくなりません。

 

 

 

キャッシュアウトを伴わない、やるべき節税策はあります。

 

 

 

資金繰りや状況を踏まえ、最善かつ必要な策はすべきですが、不要な節税対策はおすすめしません。

 

 

 

特に、大幅に節税できたけども、現預金が大幅に減少して、その後の資金繰りに悪影響を及ぼすもの。

 

 

 

こういったキャッシュアウトを伴う節税は、本末転倒。

 

 

 

納税なくして、お店の経営基盤は強化されません。

 

 

 

税金は必要経費と認識して、納税もしっかり行う。

 

 

 

利益の30%の税金を払って、70%は手元に残ると発想を変えてみるのも1つの手です。

 

 

 

「黒字決算→納税→銀行評価を上げる(スムーズな多店舗展開につながる)」

 

 

 

どのビジネスもそうですが、いかにこの好循環を作り出せるかが大切になります。

 

 

 

ですが、私たちが一生懸命働いて納めた税金の使い道はというと。。。

 

 

 

国には有効に使っていただきたいものですねm(__)m

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

「どうしてうちに融資相談に来たのですか?」「どうしてうちに融資相談に来たのですか?」前のページ

「スタッフの退職が目立つお店に、融資はできません」次のページスタッフの退職

関連記事

  1. 確定申告
  2. 労働保険の年度更新
  3. 軽減税率対策補助金
  4. 閲覧サービス
  5. 節税
  6. 美容師さんと医療費控除

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP