開業時の日本政策金融公庫の融資と、返済口座の選び方のポイント

銀行・融資・財務のこと

開業時の日本政策金融公庫の融資と、返済口座指定のポイント

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室を開業なさる方は、

 

 

 

 

開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるのが、1番有利な選択になると思いますので、

 

 

 

 

公庫から融資を受ける方が最も多いと思います。

 

 

※実際、私のお客様は、ほとんどそうです。

 

 

 

 

 

ただ、公庫でお金を借りても、公庫の預金口座を作るわけではありません。

 

 

 

 

 

公庫は、融資以外の業務を行っていませんので、

 

 

 

 

借入の返済は、民間の銀行の口座から行うことになります。

 

 

 

 

では、どの銀行の口座を、公庫の融資の入金・返済用の口座に指定すべきでしょうか?

 

 

 

 

ここがポイントなので、ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

「将来付き合いたい金融機関の口座を、入金・返済用口座に指定する。」

 

 

 

 

という方法がおすすめです。

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

将来付き合いたい金融機関に対して、

 

 

 

 

「きちんと返済しているという実績を、見せることができるため」です。

 

 

 

 

 

借入というのは、実績を重ねるごとに借りやすくなります。

 

 

 

 

1回目より2回目、2回目より3回目のほうが借りやすくなるんですね。

 

 

 

 

なぜなら、返済実績もできてきますし、

 

 

 

 

開業後であれば、決算書で返済能力をアピールすることもできるからです。

 

 

 

 

また、同じ銀行であれば、なおさら借りやすくなります。

 

 

 

 

 

なので、あなたが、自分のビジネスの拡大・成長をお考えなら、

 

 

 

 

将来のことも考えて、

 

 

 

 

どの金融機関と付き合っていくかを開業前に考えておくことをオススメします。

 

 

 

 

資金調達のしやすさが変わってきますからね。

 

 

 

 

 

もちろん「自分の目が行き届く、小さいお店が理想なんだ」という方については、

 

 

 

 

この限りではありません。

 

 

 

 

地域密着で、親身な付き合いをしてくれる信用金庫さんなどがベストな選択になると思います。

 

 

 

 

あなたが、理想とするお店を作れますように。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

銀行・金融機関の選び方のポイント、その②「融資金額と金利」銀行・金融機関の選び方、その②「融資金額と金利」前のページ

日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?次のページ日本政策金融公庫が、美容室への融資に積極的な理由を知っていますか?

関連記事

  1. 美容室・追加融資
  2. 美容室と現金預金
  3. 美容室と銀行融資
  4. 自己資本を増やす
  5. 美容機器の耐用年数
  6. 銀行評価

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP