預金平残と美容室

銀行・融資・財務のこと

「預金平残が大きい」と、銀行融資が受けやすい理由

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「預金平残(よきんへいざん)ってなんですか?

銀行の担当がそんなこと言ってたんですけど。」

 

 

 

オーナー様からこんなご質問をいただきました。

 

 

 

確かに、耳慣れないワードですよね。

 

 

 

ちなみに「預金平残(よきんへいざん)」とは、「預金の平均残高」のことです。

 

 

 

たとえば、2019年の預金平残を計算しようとした場合、

 

 

 

2019年1月1日から2019年12月31日まで、毎月の最終預金残高を合計します。

 

 

 

その合計額を12か月で割った金額が、2019年の預金平残です。

 

 

 

このように各銀行は融資先の「預金平残」を計算しているのですが、

 

 

 

オーナー様に知っておいていただきたいのは、

 

 

 

「預金平残が大きいと、銀行からの融資が受けやすくなる」ということです。

 

 

 

どういうことかというと、

 

 

 

あるオーナー様のA銀行の預金平残が 1,000万とします。

 

 

 

これを見たA銀行の担当者は、

 

 

 

「1,000万までの融資であれば、それほど心配はないかな。」

 

 

 

と考えるということです。

 

 

 

つまり、1,000万の融資をしたとしても、1,000万の預金で返してもらうことができるだろ。

 

 

 

正式な担保はないけど、担保みたいなものだよな。

 

 

 

銀行はそのように考えるため、融資に有利になるということです。

 

 

 

我々経営者は、融資を受けたい銀行に対して「預金平残を大きくする」ことが、有効な財務戦略の1つとなります。

 

 

 

これはプロパー融資を受けたい、金利を引き下げたい、経営者保証を外したいなど、融資条件の改善を交渉するケースでも同じです。

 

 

 

多店舗展開などの事業拡大をお考えのオーナー様であれば特にですが、

 

 

 

自社の「預金平残」を戦略的に多くしておくことをオススメします。

 

(仕事用の通帳残高がコンスタントに多ければ多いほど、銀行交渉に有利に働くということです)

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と据置期間据置期間って何ですか?【開業時にオーナー様からのよくあるご質問】前のページ

持ち家のあるオーナー様は、住宅ローン控除をお忘れなく!【所得税・住民税が低くなりますので】次のページ美容室と住宅ローン控除

関連記事

  1. 美容室の財務戦略
  2. 信用保証協会との付き合い方、必ず覚えておきたい2つのポイント
  3. 美容室と銀行
  4. 美容室・埼玉
  5. 借入の返済は長期間が安全
  6. 美容室と在庫

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP