美容室と住宅ローン控除

税金・社会保険のこと

持ち家のあるオーナー様は、住宅ローン控除をお忘れなく!【所得税・住民税が低くなりますので】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

「住宅ローン控除」。

 

 

 

過去10年以内にマイホームをご購入なさったオーナー様には、

 

 

 

この制度の適用を受けていただいています。

 

 

 

正式名称は「住宅借入金等特別控除」といいまして、どんな制度かというと

 

 

 

年末の住宅ローン残高の1%分の所得税・住民税が安くなるというもの。

 

 

 

ex.年末に3,000万の住宅ローンが残っていたら、30万(1%)の所得税・住民税が安くなります

 

 

 

「1%」って聞くと大したことないかなって思いますが、

 

 

 

「30万」って聞くと、大金だとお分かりいただけると思います。

 

 

 

しかも、これを最長10年間受けることができるのですから、

 

 

 

上のケースでいうと、合計300万の節税効果のある制度ということです。

 

 

 

またこの制度、新築や中古物件の購入時だけでなく、一定条件を満たせばリフォームも対象となります。

 

 

 

ということで、絶対にやっておいていただきたいのですが、

 

 

 

オーナー様の中には、

 

 

 

「以前の顧問税理士から、何の説明もなかったのでやっていませんでした。」

 

 

「中古やリフォームでは、受けられないと思っていました。」

 

 

 

というようなオーナー様もいらっしゃいます。

 

 

 

節税効果が高いので、非常にもったいないです。

 

 

 

知らなかったために大きな損をすることがないように、

 

 

 

過去10年以内にマイホームをご購入なさったオーナー様は、

 

 

 

住宅ローン控除を受けれないかどうか、必ずチェックなさってください。

 

 

※「私って受けれるかな?」とご心配な方は、私に1度ご相談いただいてもOKです

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

預金平残と美容室「預金平残が大きい」と、銀行融資が受けやすい理由前のページ

【年末調整】スタッフさんからの資料回収はお早めに次のページ美容室と年末調整

関連記事

  1. 美容室と社会保険
  2. 社会保険と美容室
  3. ふるさと納税
  4. 算定基礎届
  5. 労働保険の年度更新
  6. 美容業と節税

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP