格付けを意識

銀行・融資・財務のこと

節税して格付けを下げるか、納税して格付けを上げるか

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

日本の銀行が融資をする時に重視するのは、利益・純資産などを総合評価したあなたの「格付」です。

 

 

 

①利益をだして納税をして、「格付」を上げる(金利を下げる)

 

 

②節税して利益を下げて、「格付」を下げる(金利を上げる)

 

 

 

この2つはトレードオフの関係にあります。

 

 

 

節税のために決算で利益を抑えてきた会社は、

 

 

 

当然ですが、PLの利益が少なくなると同時に、BSの純資産も少なくなる。

 

 

 

つまり、節税によって利益・納税額を下げる代わりに、

 

 

 

「格付」を落としているということ。

 

 

 

どちらが良い戦略かはオーナーさんによって違ってくるでしょう。

 

 

 

一般的には、

 

 

 

・多店舗展開など、事業拡大を目指されるのであれば、「格付」が優先

 

※新規出店のために、銀行からの資金調達がマストになるからです

 

 

 

・事業拡大を目指さないのであれば、「節税」が優先

※節税をして、オーナーさん個人が使えるお金を最大化することが優先されるためです

 

 

 

銀行は「格付」により、あなたに融資をするかしないか、金利を何%にするかを決めます。

 

 

 

将来、銀行から資金調達が必要でしたら、

 

 

 

「格付」を意識した決算書の作りこみをしておいてください。

 

 

 

(決算書をどう作ったらいいか不安な方は、1度私にご相談ください。)

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

資金繰り「資金繰りがきつい」と思った時にチェックして欲しい8つの原因前のページ

赤字の繰越は、どんな黒字とも相殺できるわけじゃない【個人のオーナーさんへ】次のページ損益通算

関連記事

  1. 運転資金と美容室
  2. 折り返し融資
  3. 美容室と数字
  4. 美容室と繰上返済
  5. 資金繰り
  6. 日本政策金融公庫で融資を申し込むメリットを知ってますか?その② 【新規開業予定の方へ】

最近の記事

  1. 役員報酬が高額だと融資に不利
  2. 理容室・美容室と医療費
  3. 美容室と税理士
  4. 美容室の確定申告
  5. 美容室と融資
  6. 理美容業
  7. iDeCo(イデコ)
  8. 給付延長

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP