自己資本と純資産

税金・社会保険のこと

自己資本を減らす節税は、自分の首を絞めているようなもの

 

税理士の山本です。

 

 

 

事業拡大を目指すオーナーさんに、心に留めておいていただきたいことがあります。

 

 

 

それは、「節税第一」に考えないということです。

 

 

 

あなたの顧問税理士は、期末になると、税金を安くするための対策をいろいろ提案してきませんか?

 

 

 

所得税・法人税を安くするということは、

 

 

 

①利益を減少させる

 

②利益を減少させるということは、自己資本が多くならない

 

 

 

ということになります。

 

※自己資本の意味すらわからないオーナーさんは、要注意です

 

 

 

「なんのための節税なのか?」

 

 

 

がわかったうえで節税をするなら全く問題はありません。

 

 

 

むしろ、それを理解なさっているオーナーさんであれば、

 

 

 

経営者として必要な会計知識を駆使して、節税を効果的に使っていらっしゃるでしょう。

 

 

 

銀行から1番注意深く見られるのは、あなたの会社の決算書です。

 

 

 

融資審査の8割は、決算書で決まるといっても過言ではありません。

 

 

 

その決算書の中でも、

 

 

 

「自己資本がどれだけあるか」

 

 

 

ここが1番、銀行に注意深く見られるところ。

 

※自己資本は、純資産とも言い、資産合計から負債合計を引いた金額をいいます

 

 

 

銀行は1番にこの自己資本を見るので、

 

 

 

この自己資本を大きくすることが、融資を受けやすくする特効薬となります

 

 

 

逆に、利益を少なくする、純資産(自己資本)を少なくするような節税に注意してください。

 

 

 

多店舗展開を目指されるのであれば、

 

 

 

自分で自分の首を絞めているようなものだからです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

労働保険の年度更新労働保険の年度更新【期限は7月10日(水曜)】前のページ

持続化補助金 【商工会地域のオーナーさんへ】次のページ持続化補助金

関連記事

  1. 美容室と社会保険
  2. 軽減税率対策補助金
  3. 理美容と納税猶予
  4. 労働保険の年度更新
  5. 保険料率改定
  6. 社会保険と通勤手当

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP