ふるさと納税

税金・社会保険のこと

今年のふるさと納税はお早めに

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

今年は、ふるさと納税をめぐって、様々なニュースが飛び交っています。

 

 

 

 

「総務省から強い指摘があり。」

 

 

 

 

という言葉を、いろいろなふるさと納税サイトで目にすることが増えました。

 

 

 

 

 

返礼率が高い商品や、

 

 

 

 

地場産品でないものを返礼品にするのは、制度に沿わない。

 

 

 

 

 

という理由で、各市町村が、返礼品の見直しを急遽行っています。

 

 

 

 

 

 

具体的には、

 

 

 

 

 

返礼率が30%を超えるような商品

 

 

 

 

②その地域の、地場産品ではないもの

 

 

 

 

 

が、「総務省からの強い指摘」の対象になっており、

 

 

 

 

 

早い段階で、対象商品が返礼品から外れる予定です。

 

 

 

 

 

実際に、

 

 

 

 

商品券、ノートパソコンなどの返戻品が、

 

 

 

 

ふるさと納税サイトから、徐々に外されてきています。

 

 

 

 

 

千葉県でも、館山市の一部返戻品が10月末で取りやめになるそうです。

 

 

 

 

 

・X JAPANのYOSHIKIさんプロデュースのワイン

 

 

 

 

・さかなクングッズ

 

 

 

 

は、地場産品以外ということで外されると。

 

 

 

 

【館山市:ふるさと納税サイト】

 

 

 

 

 

 

年末までに、ますます見直しが進みそうですね。

 

 

 

 

 

とは言え、早めに動けばまだまだメリットを得ることができますので、

 

 

 

 

 

オーナーの皆さま、今年のふるさと納税はお早めに。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

はじめるとき、やめるとき「閉店日を決めておく。」というオーナーさんの覚悟前のページ

資本金の金額は、融資に関係あるでしょうか?次のページ増資と融資

関連記事

  1. 美容室と累積赤字
  2. 社会保険と美容室
  3. 医療費控除と確定申告
  4. 通勤手当と社会保険
  5. 路線価の上昇
  6. 節税保険

最近の記事

  1. 経営者の仕事
  2. 信用保証協会
  3. 役員報酬が高額だと融資に不利
  4. 理容室・美容室と医療費
  5. 美容室と税理士
  6. 美容室の確定申告
  7. 美容室と融資
  8. 理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP