美容室と社会保険と資産設計と

税金・社会保険のこと

社会保険料負担と、将来設計と

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

9月から、算定基礎届により社会保険料が変わります。

 

 

 

 

 

 

オーナーさんの役員報酬、

 

 

 

 

スタッフさんの給与、

 

 

 

 

 

これらを拝見していると、

 

 

 

 

 

やっぱり、社会保険の負担が重すぎますよね。

 

 

 

 

 

 

交通費を含めて(遠距離の人の負担は重い)給与の約30%、

 

 

 

 

 

 

オーナーさんの負担がその半分ですので、

 

 

 

 

 

 

社保加入前と加入後では、人件費率が約15%も増加することになります。

 

 

 

 

 

 

人件費率の高い美容室経営において、

 

 

 

 

 

 

この負担の大きさは計り知れません。

 

 

 

 

 

 

※税理士事務所も、人件費率の大きい労働集約型のビジネスなので、

 

同じ悩みを抱えています(汗

 

 

 

 

 

 

業務委託サロンではなく、

 

 

 

 

 

 

正社員雇用を前提として、美容室の多店舗展開をしていく場合、

 

 

 

 

 

社会保険料の負担は、避けられません。

 

 

 

 

 

 

そのため、多店舗展開を目指されるなら、

 

 

 

 

 

社保加入の前から、

 

 

 

 

 

 

できれば独立なさる前から、

 

 

 

 

 

 

社会保険料の負担を考慮した利益計画を立てていただきたいです。

 

 

 

 

※特に、各経費率のシミュレーションが大事になります

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

 

「人件費率が15%増加したとしても、安定して営業利益が確保できる。」

 

 

 

 

 

 

この確信を持てるようになってはじめて、

 

 

 

 

 

 

「法人成り+社保加入」の一手を打って欲しいと思っています。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

社会保険は、若い世代が前の世代を支える制度なので、

 

 

 

 

現在、社会保険料を払っている我々の世代(特に、働き盛りの20~40代)が、

 

 

 

 

社会保険の支払に見合う恩恵を受けれるかは、正直、疑わしいです。

 

 

 

 

※傷病手当金や出産手当金はありますが、それでもですね。

 

 

 

 

 

「自分は、老後も国の年金に頼らずに、生活を維持できるだけの資産設計をしているだろうか?」

 

 

 

 

 

この危機感があるかどうかが、運命の分かれ目になると思っています。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

税理士と経営専門家事務所のボトルネック前のページ

お客様が、美容室に飽きちゃった?次のページ美容室と変身願望

関連記事

  1. 生命保険料控除証明書
  2. 節税保険
  3. 雇用保険の手続き
  4. 年金生活者支援給付金制度
  5. ふるさと納税と返礼品
  6. 社会保険

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP