確定申告

税金・社会保険のこと

所得税の還付が見込まれるオーナー様、申告は1月中がオススメです!

 

 

理士の山本です。

 

 

年末調整を終え、すっかり確定申告モードに突入しました。

 

 

令和元年分の所得税の確定申告期間は、

2月17日(月)から3月16日(月)までとなっています。

 

 

この確定申告期間は、納税額がある場合の期間でして、

還付の場合、その年の1月1日から提出することが出来ます。

 

 

つまり、早く提出するとその分還付されるのも早いのでおすすめです。

弊社でも還付申告の方は資料が揃い次第、随時電子申告を行っています。

 

 

申告期限ギリギリ(3月中旬など)に提出すると還付されるまでに1か月以上かかることもありますが、

申告期間前(1月中など)に提出すると2週間もかからず還付されることもあったりします。

 

に、出店1年目で赤字だった、住宅ローン控除を受ける予定がある。

というオーナー様などは、出費がかさんでいると思うので、早く還付されるのはありがたいですよね。

 

 

というわけで、「今年、税金が還付されそうだな!」というオーナー様は、

税務署が込み合う前の1月中に提出するのがオススメです。

 

 

なお、

「税理士をつけてないので、還付になるかわからないな」

 

「経理、税金のこと何もやってないな。。。」

 

「確定申告って、そもそもどうやるの?」

 

 

というオーナー様は、1日も早く税理士に相談にいってください(できれば1月末までに)。

 

 

なぜかというと、2月~3月の税理士事務所は超繁忙期ですから、

ご相談をいただいても対応が後手に回ってしまったり

場合によってはお断りせざるを得ないからです。

 

 

というわけで、今年、晴れて独立してオーナー様になられた方は特にですが、

2月の確定申告に向けて、早めに税理士に相談するようになさってください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の退職急成長しているお店であればあるほど、一定数スタッフの方々が辞めていく前のページ

悪質な融資コンサルタントと、美容室オーナー様の悲痛な叫び次のページ美容室とコンサルタント

関連記事

  1. 有給休暇の義務化
  2. 自己資本と純資産
  3. 基本給だけ社保加入
  4. ふるさと納税と返礼品
  5. 節税の納税
  6. 美容室とタバコ

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP