「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】

税務調査がくる前に

「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】

 

 

税理士の山本です。 

 

 

「面貸し(ミラーレンタル)」と、税務調査での判断基準

 

 

税務署は、所得税と消費税のダブルパンチで税金が徴収できるので、

 

 

 

 

 

税務調査において「給与」なのか「外注」なのかという点は、よく問題になります。

 

 

 

 

 

では、どうやって面貸ししている美容師さんが「外注さん」であるということを証明すればいいでしょうか?

 

 

 

 

 

そこで今回は、国税庁が公表している5つの判断基準をご紹介します。

 

基準1.「他人が代替して業務を遂行すること、又は役務を提供することが認められるかどうか。」

 

面貸しさんにしかできない業務であり、

 

 

 

 

当人が拘束されているのであれば、「従業員」であり「給与」となります。

 

 

 

 

 

逆に、面貸しさんが、さらに別の面貸しさんに作業を外注できるなら、

 

 

 

 

拘束されていないので「外注さん」となります。

 

 

基準2.「サロンから作業時間を指定される、報酬が時間を単位として計算されるなど、時間的な拘束を受けるかどうか。」

 

 

外注さんであれば、成果に対して報酬は支払われますが、

 

 

 

 

 

労働時間に対しての報酬ということになれば「給与」となります。

 

 

基準3.「作業の具体的な内容や方法について、サロンから指揮監督を受けるかどうか。」

 

 

自己の責任において裁量をもって仕事をしているなら「外注費」で、

 

 

 

 

 

サロン側に指示された作業をしているなら「給与」となります。

 

基準4.「まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失するなどした場合において、既に遂行した業務又は提供した役務に係る報酬の支払いを請求できるかどうか。」

 

 

面貸しさんが、成果を出さなければ報酬を請求できないという条件なら「外注費」で、

 

 

 

 

労働時間を基準として支払うのであれば「給与」となります。

 

基準5.「材料又は用具等を報酬の支払者から供与されているかどうか。」

 

 

費用負担という観点から、経費を自己負担していれば「外注費」、

 

 

 

 

 

カラー剤などをサロン側が負担していれば「給与」となります。

 

 

 

 

 

以上5つの判断基準があります。

 

 

 

 

 

あなたのサロンでは大丈夫でしょうか?

 

 

 

 

 

どれか1つでも「給与」であると判断されたら、

 

 

 

 

所得税と消費税のダブルパンチが待っています。

 

 

 

 

 

面貸しの美容師さんから請求書を発行してもらうなど、形式的な要素を整えるのは当然として、

 

 

 

 

 

実態としても、上記5つの判断基準を満たしているかどうかをチェックしてみて下さい。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】前のページ

あなたのお店が、誰かのお店を潰します【激戦区における美容室の生存戦略】次のページ美容室と税理士

関連記事

  1. 税務調査対策
  2. 美容室と税務調査
  3. 美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】
  4. 税務調査では、主張し続ける
  5. 予告なしで税務署がお店に来ることがあることを知っていますか?無予告調査といいます【現金商売と税務調査】
  6. 美容室の内偵調査

最近の記事

  1. 美容室と融資
  2. 理美容業
  3. iDeCo(イデコ)
  4. 給付延長
  5. 生命保険料控除
  6. 大切なのはキャッシュ
  7. 年末調整
  8. 足立区の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP