確定申告期限に間に合わないと

税務調査がくる前に

美容室の確定申告が間に合わない時は?【税務調査を避けるためにも】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

平成30年も終わりに差し掛かり、

 

 

 

 

年を越すとすぐに、確定申告の申告期限がやってきます。

 

 

 

 

白色でも、青色でも、何色でも期限は同じですが、

 

 

 

 

この期限を守れないと、もったい無い事になります。

 

 

 

 

「通帳が合計記帳になっていて、内訳発行に時間がかかる。」

 

 

 

「クレジットカード明細の再発行に時間がかかる。」

 

 

 

「控除証明書の再発行に時間がかかる。」

 

 

 

 

などなど。

 

 

 

いろいろな事情があると思いますが、

 

 

 

 

こんな時、どうしたら良いのか。

 

 

 

1.対策としては

 

 

「しかたないので、資料が来るまで待って期限後に申告する。」

 

 

 

 

実は、これが1番やってはいけないこと。

 

 

 

 

青色申告をしている人は、申告期限までに間に合わないと、

 

 

 

 

せっかく認めて貰える65万円の控除が受けられなくなるなど、

 

 

 

 

デメリットが大きすぎるからです。

 

 

 

 

そのため、

 

 

 

 

もし、申告期限に間に合わなそうであれば、

 

 

 

 

いったん、今わかる情報で数字を固めて、申告してしまいましょう。

 

 

 

 

そして、資料が全て揃ったら、正しく計算し直して、

 

 

 

 

不足している税金を納める、または、還付を受ける。

 

 

 

 

という手続きをとってください。

 

 

 

2.ポイントは

 

 

なお、ここでのポイントは、

 

 

 

 

「後日、追加で納付するために、少なめに申告しておく。」

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

なぜか。

 

 

 

 

①「後日、税金の還付を受ける。」

 

 

 

②「後日、税金を追加で納付する。」

 

 

 

 

もちろん、正しい計算に合わせる訳なので、

 

 

 

 

どちらも支払う税額は変わりません。

 

 

 

 

ですが、知っておいてください。

 

 

 

 

税金を還付する手続きをすると、

 

 

 

 

税務署からの問い合わせや、税務調査のキッカケになることがあります。

 

 

 

 

※わかりやすい理由ですが、税務署は、

 

 

 

「税金を支払ってくれるのなら、喜んで受け取ります。

 

 

ただ、税金を返すなら、こっちが納得する理由がないと認めないよ。」

 

 

 

というスタンスだからです。

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

まずは、少ない金額で納税して、

 

 

 

 

後に正しく計算し直してから、追加で納税することをオススメします。

 

 

 

 

そうすることによって、

 

 

 

 

少しでも、税務署から問い合わせや、

 

 

 

 

調査がくるリスクを下げておいていただきたいからです。

 

 

 

3.まとめに

 

 

毎月、月次試算表をキッチリ作っている人なら問題ありませんが、

 

 

 

 

何か月も試算表を作っていないような方の場合、

 

 

 

 

確定申告も遅れがちになると思います。

 

 

 

 

申告期限に間に合わないと、リスクばかり増えていきますので、

 

 

 

 

年内からしっかりと準備しておいてください。

 

 

※特に、書類はキッチリ用意しておくことをオススメします。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

社長と経営者「社長」から「経営者」になれるかどうかが、運命の分かれ道前のページ

仮想通貨のFAQの第二弾が公表されました次のページ美容室と仮想通貨

関連記事

  1. 美容室と税務調査
  2. 理美容業とお年玉
  3. 「面貸し(ミラーレンタル)」をしている美容室のオーナーさん、税務調査の対策はしていますよね?【所得税と消費税のダブルパンチ】
  4. はじめての税務調査
  5. 架空人件費は脱税ですよ?絶対にやめてください【飲食店・美容室のオーナーさんへ】
  6. 税務調査と税理士

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP