財務のスコアリングを上げる

税理士のこと

「利益が出てるから役員報酬を上げましょう。」という税理士に注意してください。

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

「利益が出ているから役員報酬を上げましょう。」

 

 

 

 

 

もし、あなたの税理士がこの言葉を言ったら、注意してください。

 

 

 

 

 

美容室経営を知らない税理士がよく言う言葉なのですが、

 

 

 

 

 

あなたが将来、多店舗化などの事業拡大を目指していらっしゃるのであれば、

 

 

 

 

 

税理士変更をご検討いただいてもいいくらいです。

 

 

 

1.美容業と、他の業種は違います

 

 

役員報酬を上げたがる税理士は、

 

 

 

 

役員報酬という「経費」を多く作りたいのかもしれません。

 

 

 

 

 

そうすることによって、法人で払う利益を圧縮したいと。

 

 

 

 

美容以外の業種ならそれでもいいかもしれませんが、

 

 

 

 

 

美容室経営(特に、多店舗展開)を考えたとき、話は全く違ってきます。

 

 

 

 

なぜなら、多店舗展開を進めていくのであれば、

 

 

 

 

法人に利益+現預金を残し、財務面で強い決算書を作る必要があるからです。

 

 

 

 

2.多店舗化を進めるのであれば

 

 

私は、オーナーの皆様には

 

 

 

 

理想を言えば、開業してから2~3店舗と出店が進むまでは、

 

 

 

 

できるだけ役員報酬を下げておきていただきたいと考えています。

 

 

 

 

 

なぜなら、役員報酬を上げると、

 

 

 

 

①多店舗展開のために必要な自己資金が、法人に残らない。

 

 

 

 

②また、役員報酬を上げた分、法人の利益も少なくなるため、

 

財務面での銀行評価が下がり、新規出店に必要な融資が受けにくくなる。

 

 

 

 

という事態に陥ってしまうからです。

 

 

 

 

 

一方、理想的なのは、

 

 

 

 

①役員報酬を生活費の水準まで抑えて、法人に利益+現預金を残す。

 

 

 

 

②すると、財務面で強い決算書になるため、融資も受けやすくなる。

 

 

 

 

③新規出店を行い、更に利益+現預金を増やす

 

 

 

 

という好循環を作っていただきたいということ。

 

 

 

 

そして、多店舗化が進み、スケールメリットによって

 

 

 

 

法人の利益に余裕がでてきたタイミングで、オーナーさんの役員報酬を増やす。

 

 

 

 

こういう戦略をとっていただきたいと考えています。

 

 

 

3.まとめに

 

 

 

「利益が出ているから役員報酬を上げましょう。」

 

 

 

 

もし、あなたの税理士がこの言葉を言ったら、ご注意ください。

 

 

 

 

その税理士は、美容業をあまり知らない可能性があります。

 

 

 

 

役員報酬を上げると、

 

 

 

 

多店舗展開の足を引っ張ることにも繋がります。

 

 

 

 

むしろ、法人で利益を残す。

 

 

 

 

税金を払ってでも、現預金を残すことによって、

 

 

 

 

法人の財務を強くすることを、優先なさってください。

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

あるオーナーさんのおばあ様のお言葉。

 

「『めんどくさい』が口癖の女に、いい女はいないし。

『忙しい』が口癖の男に、いい男はいないよ。」

 

なるほどですね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

結婚式友人の結婚式へ前のページ

領収書が少ないオーナーさんの方が、利益が多い傾向がある次のページ領収書の枚数

関連記事

  1. 美容室と経営
  2. 美容室と税理士と
  3. 税理士変更
  4. 保険と税理士
  5. 銀行格付け
  6. 格安・低料金の税理士・会計事務所の罠

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP