美容室と、高齢の税理士

税理士のこと

高齢税理士と廃業リスク

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

「山本さんなら、うちのお店を、私が死ぬまで見てくれそうだったので。」

 

 

 

 

 

お客様が、ふいに、こんなことを仰いました。

 

 

 

 

 

数年前、

 

 

 

 

 

税理士の過半数が60代以上という記事が、

 

 

 

 

 

業界紙をはじめとするメディアで取り上げられていました。

 

 

 

 

 

「美容師さん=若くて、オシャレ」

 

 

 

 

 

というイメージがあるように、

 

 

 

 

 

 

「税理士=おじさん、おじいちゃん」

 

 

 

 

 

というイメージがあります。

 

 

 

 

事実として、

 

 

 

 

 

税理士は、60代以上が全体の50%以上を占めますので、

 

 

 

 

 

正しいイメージです。

 

 

 

 

 

そんな事情もあってか、最近、

 

 

 

 

 

高齢を理由に、税理士が廃業するというケースが、

 

 

 

 

 

少しずつ増えてきています。

 

 

 

 

 

しかも、

 

 

 

 

 

後継者も決めずに。

 

 

 

 

 

お客様がどうなるのか決めないまま、です。

 

 

 

 

 

 

高齢の税理士の体調不良などにより、

 

 

 

 

 

突然、事務所のオペレーションにストップがかかり、

 

 

 

 

 

お客様が路頭に迷ってしまうケースを、

 

 

 

 

 

何度か見てきました。

 

 

 

 

 

「うちの税理士は、あと何年、自分のお店を見ることができるかな?」

 

 

 

 

 

もし、あなたの税理士が60歳を超えているようでしたら、

 

 

 

 

 

この疑問だけは、持っておいてください。

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

 

 

事業承継を進めていない税理士だとわかったら、

 

 

 

 

 

別の税理士を探しておくことをオススメします。

 

 

 

 

 

リスクヘッジをしておいてください。

 

 

 

 

 

 

【山本のひとりごと】

 

 

電車でのワンシーン。

 

 

 

隣の女性2人組が、

 

 

 

「ライオンの群れでは、ボスの座を失って不要になったオスは群れから追い出されるって。

 

うちの会社もそうだよね~。」

 

 

 

 

という会話をしていた。

 

 

 

 

男性的には、何だかツライ(汗

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室オーナーさんと、早食いと社長貸付金と、美容室オーナーさんの早食いと前のページ

ネイルサロンの開業資金っていくらくらい?次のページネイルサロン、美容室、開業

関連記事

  1. 美容室と棚卸の重要性
  2. 人材不足
  3. 税理士と経営
  4. 美容室の利益とキャッシュ
  5. BSとPL
  6. 保険と税理士

最近の記事

  1. 一時支援金
  2. 事業再構築補助金
  3. 女性美容師さんの独立
  4. 美容室とPCR検査
  5. キャリアアップ助成金
  6. 社会保険料と美容室・理容室
  7. 美容室・出店
  8. 理容師・美容師さんと社保の扶養

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP