美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

コンセプト・価格・メニュー・ターゲット層など、

 

 

 

 

ほとんど同じお店なのに、美容室を開業して1年も経つと、売上に差がではじめます。

 

 

 

 

 

数字を見ていると、もうわかりやすいくらいに。

 

 

 

 

 

ほとんど同じ坪数、同じセット面、同じ客単価、打ち出す広告もほぼ同じ、

 

 

 

 

 

なのに、

 

 

 

 

 

あるお店は、閑散期の売上が月100万円。

 

 

 

 

 

もう1つのお店は、閑散期の売上が月70万円。

 

 

 

 

この差はどこからくるのか。

 

 

 

 

 

技術?これも違いを生むものではありますけれど、

 

 

 

 

 

独立する美容師さんは、みなさん技術が高いから開業していますので、お客様に差は伝わりづらいです。

 

 

 

 

 

 

では、何がこれだけの差を生んでいるのか?

 

 

 

 

 

答えは、「立地」です。

 

 

 

 

 

美容室は、「立地」で、売上の6割が決まります。

 

 

 

 

 

どこに出店するのか決めたら、お店の売上は、ほぼ決まりです。

 

 

 

 

 

立地で成功しているオーナーさんは、わかってくださると思います。

 

 

 

 

 

 

「いつまでに開業するから、いつまでに場所を決めなければいけない」△

 

 

 

 

 

よりも、

 

 

 

 

 

「良い立地が見つかるまで、開業しない」〇

 

 

 

 

 

これが望ましいです。

 

 

 

 

先日ご相談いただいた美容師さんの開業理由は、

 

 

 

 

 

「良い立地の物件が見つかったから。」でした。

 

 

 

 

 

最高ですね。

 

 

 

 

 

良い立地を確保することが、美容室の勝ちパターンの1つです。

 

 

 

 

 

心配な方は、開業前に相談してください。

 

 

 

では。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】前のページ

消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室の開業融資】次のページ消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】

関連記事

  1. 開業前に、利用できる助成金をチェックしていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  2. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その③「開業までのスピード」】
  3. 地方自治体による「制度融資」のメリット【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】
  4. 貯金ゼロで独立
  5. 団信の加入
  6. 美容室と白色申告

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP