美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

コンセプト・価格・メニュー・ターゲット層など、

 

 

 

 

ほとんど同じお店なのに、美容室を開業して1年も経つと、売上に差がではじめます。

 

 

 

 

 

数字を見ていると、もうわかりやすいくらいに。

 

 

 

 

 

ほとんど同じ坪数、同じセット面、同じ客単価、打ち出す広告もほぼ同じ、

 

 

 

 

 

なのに、

 

 

 

 

 

あるお店は、閑散期の売上が月100万円。

 

 

 

 

 

もう1つのお店は、閑散期の売上が月70万円。

 

 

 

 

この差はどこからくるのか。

 

 

 

 

 

技術?これも違いを生むものではありますけれど、

 

 

 

 

 

独立する美容師さんは、みなさん技術が高いから開業していますので、お客様に差は伝わりづらいです。

 

 

 

 

 

 

では、何がこれだけの差を生んでいるのか?

 

 

 

 

 

答えは、「立地」です。

 

 

 

 

 

美容室は、「立地」で、売上の6割が決まります。

 

 

 

 

 

どこに出店するのか決めたら、お店の売上は、ほぼ決まりです。

 

 

 

 

 

立地で成功しているオーナーさんは、わかってくださると思います。

 

 

 

 

 

 

「いつまでに開業するから、いつまでに場所を決めなければいけない」△

 

 

 

 

 

よりも、

 

 

 

 

 

「良い立地が見つかるまで、開業しない」〇

 

 

 

 

 

これが望ましいです。

 

 

 

 

先日ご相談いただいた美容師さんの開業理由は、

 

 

 

 

 

「良い立地の物件が見つかったから。」でした。

 

 

 

 

 

最高ですね。

 

 

 

 

 

良い立地を確保することが、美容室の勝ちパターンの1つです。

 

 

 

 

 

心配な方は、開業前に相談してください。

 

 

 

では。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】前のページ

消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室の開業融資】次のページ消費者金融の利用がある(あった)人は、融資の致命傷になるって?【美容室・飲食店の開業融資】

関連記事

  1. 美容室の開業
  2. 開業のポイント
  3. 個人事業と法人設立

    美容室・理容室を開業するあなたへ

    個人事業と会社設立の選択 どっちがお得なの?

    友人・知人問わず、事業を始めようとする人から相談を…

  4. 残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?
  5. 消費者金融は利用しない
  6. 理容室・美容室で、まずチェックすべき3つの費用 (飲食店・美容室の「3大経費」)

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP