美容室開業と消費者金融

美容室・理容室を開業するあなたへ

消費者金融のカードローンの残高があるのですが、開業の時、銀行融資でマイナスになりますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

「消費者金融のカードローンの残高があるのですが、開業の時、銀行融資でマイナスになりますか?」

これから美容室を開業予定の美容師さんから、こんなご相談をいただきました。

 

 

実はコレ、開業時によくあるご相談の1つです。

 

 

まず、結論から正直にお伝えすると、

消費者金融のカードローンを組んでいる方は、銀行の審査でマイナス評価になります。

 

 

なぜかというと、

 

「個人の生活の資金繰りが厳しいのでカードローンを受けているのかな?」

 

「事業のために必要な自己資金が積み上がってないんじゃなかな?」

 

とマイナスに見られてしまうからです。

(ex.貯金が200万あっても、カードローンが200万あれば、実質、自己資金が1円もないのと同じですよね?)

 

 

しかし、マイナスにはなっても、全く融資を受けられないわけではありません。

 

 

事実、私が過去にお手伝いさせていただいた方の中にも、

カードローンを100万円以上組んでいる状態で融資の申込みをしましたが、無事に融資を受ける事ができた方もいます。

 

 

また、カードローンを組んでいることより重要なのは、

支払うべきローンやクレジットカードを期限までに返済していることです。

 

 

期限までに返済していないと、CICなど信用情報に遅延の記録が残ってしまい、

融資を受ける際にカードローンの比じゃないくらい不利になります(最悪、融資そのものが受けられなくなります)。

 

 

また、カードローンを組んでいることは、信用情報を通して銀行に丸分かりになっています。

隠すことはできませんので、正直に伝えていきましょう。

 

 

もちろん、1番のオススメは、開業前に全額返済してしまうことです。

開業で融資を受けるなら、カードローンを組んでいる事実は決してプラスに働きませんので、

お早目のご返済をご検討ください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容国保東京の美容国保は、儲かれば儲かるほどメリットが大きい前のページ

資金に余裕がなくなってきたので追加融資を受けたいんですが。。。【運転資金の確保が大切】次のページ美容室の運転資金

関連記事

  1. 期限延長と国税庁
  2. 商店街への美容室出店
  3. 個人事業と法人設立

    美容室・理容室を開業するあなたへ

    個人事業と会社設立の選択 どっちがお得なの?

    友人・知人問わず、事業を始めようとする人から相談を…

  4. 理美容室・開業
  5. 青色の取り消し
  6. 美容室とお祝い

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP