美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】

税務調査がくる前に

美容室の税務調査で、必ずチェックされるポイント【見つかると大ダメージです!】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室の税務調査で必ずチェックされる1番のポイントは、

 

 

 

 

 

「売上がすべて計上されているかどうか?」です。

 

 

 

 

 

実は、けっこうあるのが、

 

 

 

 

 

「『美容ディーラーさんからのリベート』『メーカーさんからのリベート』をお店の売上から外してしまうこと」

 

 

 

 

 

これ、本当に気を付けてください。

 

 

 

 

 

 

ある程度の売上規模のサロンなら、ほぼリベートを受け取っていますよね。

 

 

 

 

 

リベート自体は何ら問題ではありません。ただの手数料です。

 

 

 

 

 

問題になるのは、そのリベートを、お店の売上や収入として計上しているかどうか。

 

 

 

 

 

美容ディーラーさんのリベートは、料率表があります。

 

 

 

 

 

その基準に基づいて支払ますので、

 

 

 

 

ほとんどの場合は、「現金」ではなく、「振込」で支払を受けることになります。

 

 

 

 

 

つまり、銀行に入金の履歴が残るんですね。

 

 

 

 

 

あなたはこんなことをしていませんか?

 

 

 

 

 

「リベートをオーナーさんの事業用以外の銀行口座に入れている。」

 

 

 

 

 

または、

 

 

 

 

 

「ご家族の銀行口座に入れている。」

 

 

 

 

 

税務署さんは、銀行の預金口座も確認することができます。

 

 

 

 

 

税務調査に入るのなら、オーナーさんだけでなく、ご家族の預金口座もチェックされるということです。

 

 

 

 

 

そのため、オーナーがどれだけ隠そうが、忘れていようが、ばっちりと把握されています。

 

 

 

 

 

仮に、「現金」で支払があったとしても、

 

 

 

 

 

税務署は、美容ディーラーさんに対して「反面調査」を行いますので、

 

 

 

 

 

リベートが支払われている事実も確認できるわけです。

 

 

 

 

 

つまり、美容ディーラーさん側に払って記録があるのに、

 

 

 

 

 

オーナーさん側に売上の記録がないと「あれ、おかしいぞ?」となるわけですね。

 

 

 

 

税務署もプロです。

 

 

 

 

 

売上を隠しても、ほぼ間違いなく見つかると思ってください。

 

 

 

 

 

見つかったら、追加の税金のダメージは大きいです。

 

 

 

 

リベートをはじめとして、もれなく売上を計上することによって、税務調査の不安も消すことができます。

 

 

 

 

 

余計な不安はいりません。

 

 

 

売上をしっかり計上して、税務調査のリスクを下げておいてください。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】前のページ

美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】次のページ美容室オープン1年で、勝ち組・負け組に分かれる理由【同じコンセプト・価格帯なのにどうして?】

関連記事

  1. お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【飲食店・美容室のオーナーさんへ】
  2. 美容室
  3. 理美容業と領収書
  4. 税務調査と税理士
  5. 税理士と調査
  6. 美容室の税務調査 売上はココが確認される!

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP