物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その①「給排水設備」

美容室・理容室を開業するあなたへ

物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その①「給排水設備」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室は、水道・電気・ガスの使用量が多く、

 

 

 

 

物件に十分な容量の配管・配電設備が整っている必要があります。

 

 

 

 

 

このチェックを忘れると、オープンしてから大変なことになります。

 

 

 

 

 

 

そのため、「物件の契約前・融資申請前」のタイミングで、

 

 

 

 

 

必ずチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

 

また、このときは、店舗設計デザイナーなどの専門業者さんを、

 

 

 

 

 

必ず連れていくようにしてください。

 

 

 

 

 

 

それでは、どこをチェックしなければいけないか?

 

 

 

 

 

それぞれのチェックポイントを確認したいと思います。

 

 

 

1.「給水の確認(水道管の大きさ)」

 

 

 

一般的には、水量効率を決める水道管の大きさは、20㎜以上あると安心と言われています。

 

 

 

 

 

水道管の大きさは、

 

 

 

 

美容室であれば、シャンプー台の水量に大きく影響を与えますので、

 

 

 

 

必要な水量を確保できるのか、必ず確認を行いましょう。

 

 

 

 

 

なお、水道管の大きさは、プロでないとうまく確認できないケースも多いです。

 

 

 

 

 

また、シャンプー台の台数など、設備の状況によって必要容量は変わりますので、

 

 

 

 

 

必ず業者(店舗設計デザイナーなど)に確認してもらいましょう

 

 

 

 

 

 

また、物件テナントの階数によっては、給水圧力が不足するケースもありますので、

 

 

 

 

 

2階以上の物件の場合、地下の物件の場合は、

 

 

 

 

 

あわせて、業者に確認してもらいましょう。

 

 

 

 

2.「排水の確認(排水管の大きさ)」

 

 

水回りのトラブルの多くは、排水のトラブルです。

 

 

 

 

排水菅の大きさは、一般的には75㎜以上あると安心といわれていますが、

 

 

 

 

 

あなたのお店の設備の状況によって、必要な大きさは変わりますので、

 

 

 

 

こちらも、必ず業者(店舗設計デザイナーなど)に確認してもらいましょう。

 

 

 

 

 

給排水の管の大きさを拡張する場合は、多額の工事費用が発生するケースがあります。

 

 

 

 

そのため、資金計画の狂いにつながりかねませんので、

 

 

 

 

必ずチェックするようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

今回は、「1.給水」「2.排水」のチェックポイントを確認しました。

 

 

 

 

次回は、「電気・ガス」設備のチェックポイントをご説明します。

 

 

 

 

あなたが、理想のお店をオープンできますように。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】個人事業から法人にするなら、有利なタイミングがあるのを知っていますか?【消費税の免税期間を活用した法人化】前のページ

個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その⑤「赤字になった時の違い」】次のページ個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その⑤「赤字になった時の違い」】

関連記事

  1. 開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  2. 美容室と開業融資
  3. 美容室とみなし自己資金
  4. 美容室と信用金庫
  5. 美容室と家賃設定
  6. 新創業融資

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP