自己資金の重要性

美容室・理容室を開業するあなたへ

「自己資金をいくら用意できるかで、借りられるお金の上限が決まる。」という事実はあまり知られていない

 

 

税理士の山本です。

 

 

美容室の開業相談をお受けすると、

 

 

「良い場所が見つかったので、開業のための銀行融資を受けたいです。

ただ、自己資金はほとんどないのですが大丈夫でしょうか?」

 

 

と、ご相談いただくことが珍しくありません。

 

 

正直にお伝えすると、自己資金が少なくても開業することはできます。

 

 

ただ、少ない自己資金で開業したことにより、

開業後しばらく、資金繰りに苦しむオーナー様が多いのも確かです。

 

 

開業融資は、

 

①まず、ご自身で貯金した自己資金はいくらあるか?

 

②ご親族から援助していただけるor借りることができる金額はいくらあるか?

 

③そして、①+②をもとに借入でどれくらい銀行から融資を受けれるのか?

 

という流れで調達できるお金の総額が決まっていきます。

 

 

つまり、

 

「自己資金をいくら用意できるかで、借りられるお金の上限が決まってしまう。」

 

ということです。

 

 

それくらい融資における自己資金の比重は高いのですが、

残念ながらこの事実はあまり知られていません。

 

 

自己資金が少ないために、融資を受けれる金額も少なくなり、

 

 

・店舗の美容機器、内装のグレードを落とさざるを得なくなった

 

・開業後の運転資金が少なくなって、資金繰りに苦しむことになった

 

 

ということになっていただきたくはありません。

 

 

あなたが用意した自己資金の額で、

店舗開業・スタートにいくらお金が使えるかが決まります。

 

 

これから開業をお考えの方は特に、

自己資金をキッチリ貯めた上で、美容室の開業準備をスタートさせてください。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と交際費「交際費・広告宣伝費」は、丁寧に内容を説明してあげてください【決算書説明のポイント】前のページ

急成長しているお店であればあるほど、一定数スタッフの方々が辞めていく次のページ美容室の退職

関連記事

  1. 美容室開業と保証協会
  2. 面貸し(ミラーレンタル)で働く美容師さん、急いで届出ださないとすげえ損しますよ?
  3. 美容国保
  4. 任意継続
  5. 美容室と定期借家契約
  6. 便利アイテムと美容室リサーチ

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP