開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」

美容室・理容室を開業するあなたへ

開業失敗事例④「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

オープン前の準備段階で開業断念・開業直後に廃業、、、

 

 

 

 

そんなことにならないために、

 

 

 

 

美容室の失敗事例から、存続のポイントを学びましょう。

 

 

 

 

 

 

今回は、第4弾、お話しする開業失敗事例は、

 

 

 

 

 

「内装・外装工事中の事故により、開業を断念したケース」です。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

「危機管理対策が不足していた。」

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

どういうことか?

 

 

 

 

 

美容室の内装工事中に火災が発生した場合などをイメージしてください。

 

 

 

 

 

あなたの開業準備が、誰かに被害を与えるケースもあります。

 

 

 

 

 

こんな時、保険に加入していなかったために、

 

 

 

 

 

追加工事代金の補填や賠償金の支払いができずに、開業を断念することもあります。

 

 

 

 

 

 

また、あなた自身に非はなくても、逆に損害を受けるケースも想定しておいてください。

 

 

 

 

 

「となりのお店で火災が起きて、延焼被害を受けた。」

 

 

「上の階の水漏れが、あなたのお店の内装をダメにしてしまった。」

 

 

 

 

 

など、誰かがあなたに被害を与えるケースですね。

 

 

 

 

 

考えたらキリがありませんが、

 

 

 

 

万が一の事態が起こったら、あなたのお店がオープンできないこともあり得ます。

 

 

 

 

それは悲しすぎます。

 

 

 

 

 

 

お店を開業する・運営していくためには、様々なリスクが考えられます。

 

 

 

 

 

被害を最小限に食い止めるため、事前に予想できるリスクは、

 

 

 

 

 

保険などの対策によって、できる限り取り除いておきましょう。

 

 

 

 

 

 

経営者にとっては、「リスクマネジメントも経営の一部」だと考えてください。

 

 

 

 

あなたのお店が、理想的なスタートきれますように。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【飲食店・美容室のオーナーさんへ】お店の定休日に使った領収書は、税務調査でチェックされるのを知っていますか?【美容室のオーナーさんへ】前のページ

個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】次のページ個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その①「社会的信用の違い」】

関連記事

  1. 開業と資金援助
  2. 源泉徴収票と美容室
  3. 消費者金融
  4. 開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  5. 美容室開業と消費者金融
  6. 美容室と開業融資

最近の記事

  1. 役員報酬が高額だと融資に不利
  2. 理容室・美容室と医療費
  3. 美容室と税理士
  4. 美容室の確定申告
  5. 美容室と融資
  6. 理美容業
  7. iDeCo(イデコ)
  8. 給付延長

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP