残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?

美容室・理容室を開業するあなたへ

残業したスタッフさんに支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室を経営していると、スタッフさんが残業をするケースもあると思います。

 

 

 

 

このようなケースで、連日残業をするスタッフさんに対して、

 

 

 

 

夕食を支給するケースもあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

「残業の時にスタッフに出した食事代って、給与になるの?」

 

 

 

 

 

 

先日お客様からこんな質問をいただいたので、お答えします。

 

 

 

 

 

結論からお伝えします。

 

 

 

 

 

 

「給与になりません。

 

 

 

 

 

 

ご存知でしたか?

 

 

 

 

 

残業をしたスタッフさんに支給する食事については、給与課税しなくていいことになっています。

 

 

 

 

 

 

しかし、残業ではないケース。

 

 

 

 

 

つまり、そのスタッフさんの通常の勤務時間に支給したまかないは、

 

 

 

 

給与になりますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

また、食事そのものを支給する代わりに、現金を支給した場合は、

 

 

 

 

夜食代であっても、問答無用で給与になってしまいますので、

 

 

 

 

これまた注意してください。

 

 

 

 

 

スタッフさんの日頃の労を、食事でねぎらうこともあると思います

 

 

 

 

 

給与になる時、ならない時を理解して、上手に食事の支給をしてあげてくださいね

 

 

 

 

<今日のまとめ>

 

 

その人の通常の勤務時間内に支給した食事は、給与になる。

 

 

その人の通常の勤務時間外(残業時)に支給した食事は、給与にならない。

 

 

*「現金」を支給した場合には、問答無用で給与になるよ

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?前のページ

物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」次のページ物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」

関連記事

  1. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません
  2. 美容室と現金商売
  3. タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?
  4. 美容室と多店舗展開
  5. 美容室と定期借家契約
  6. 美容室の開業

最近の記事

  1. 美容室・理容室開業
  2. 事業再構築補助金
  3. 事業再構築・手引き
  4. 一時支援金
  5. 事業再構築補助金
  6. 女性美容師さんの独立
  7. 美容室とPCR検査
  8. キャリアアップ助成金

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP