美容室と転勤

美容室・理容室を開業するあなたへ

オーナーに独立を伝えたら、いきなり遠くの店舗に転勤させられた

 

 

税理士の山本です。

 

 

「独立することをオーナーに伝えたら、いきなり遠くの系列店舗に転勤を命じられました。

数日後には移らなきゃいけないんですが、これって拒否できるんでしょうか?」

 

 

これから開業予定の美容師さんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

この美容師さんは、勤務店の近くで独立なさるということもあり、

お客様の引き抜きを防ぐため、オーナーさん側は店舗を異動させるのでしょう。

 

 

ただ、数日後というのは、あまりに急すぎますね(汗

 

 

こういったケースでは、

 

 

①まずは、お店の就業規則で、異動(配置転換や転勤)がどういう取扱いになっているかを確認してください。

 

 

就業規則に、「会社は業務の都合により必要がある場合は、配置転換又は転勤を命じることがある」といった規定を設けている場合、

この規定を根拠に、お店はスタッフさんに異動を命じることができます。

つまり、規定があれば、原則として異動しなければなりません。

 

 

②ただし、例外的に、次のような場合は拒否できるとされています。

 

 

「職種や地域を限定して採用した場合」

 

「著しい負担を社員に強いることになる場合(親族の介護をしているのに遠方に転勤になる等)」

 

「不当な動機、目的がある場合(嫌がらせ目的等)」

 

 

そのため、今回のようなケースでもしお店側と争うのであれば、

3つ目の「不当な動機、目的がある場合(嫌がらせ目的等)」を労基署・裁判所などに訴えていくことになります。

 

 

③ただ、この争うというのも、「今後も長期的に働いていく意思がある」という前提であることが一般的であるため、

 

退職を前提にした場合、労基署などが親身に対応してくれるかは正直難しいという現実もありますので、

 

残念ですが、転勤を受け入れられないのであれば、予定より早く退職せざるを得ないケースがほとんどです。

 

 

予定より早く退職することになった場合、

 

 

・開業スケジュールをできる限り早める

 

・開業までは、面貸しとして働く

 

・開業時の運転資金の融資申込金額を上げる

 

 

などにより、できるだけご自身でコツコツ貯めた自己資金が削られないよう、

最善の対策を打っていきましょう。

 

 

それでは。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室開業と保証協会信用保証協会の対応がバラバラである事実は、あまり知られていない前のページ

贈与税の申告受付開始【美容室開業で、ご親族から資金援助を受けた方はご注意を!】次のページ美容室と贈与税

関連記事

  1. 美容室の開業当初における「広告宣伝費」の優先度【サロンにお客様を集客できてますか?】
  2. 残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?
  3. 開業のポイント
  4. 「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  5. 郊外型の美容室と、駐車場の重要ポイント【女性に優しいロケーションにしていますよね?】
  6. 美容室の廃業

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP