独立の資金計画

美容室・理容室を開業するあなたへ

独立する時は、「一本筋を通して」事業計画を決めていただく

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

春は、年度の節目ということもあってか、独立なさる方が多い季節です。

 

 

 

 

また、独立のご相談が増える季節でもあります。

 

 

 

 

ということで、今回は、これから独立しようという未来のオーナー様に向けて、

 

 

 

 

「独立のための資金計画」についてお話します。

 

 

 

 

そもそも、資金計画を立てるにあたっては、当然ですが、

 

 

 

 

「お店を開業するのに、全体でいくらのお金がいるの?」

 

 

 

 

ということが決まらないといけません。

 

 

 

 

で、「全体でいくらのお金がいるの?」というのは、

 

 

 

 

物件の敷金がいくら、内装工事がいくらで、、、。

 

 

 

 

という積み上げによって決まってきます。

 

 

 

 

これは、当たり前の話ですね。

 

 

 

 

 

で、ここが意外とポイントなのですが、資金計画を具体的に立てる前に、

 

 

 

 

「そもそもどういうお店にしたいの?」

 

 

 

 

ということを、”一本筋を通して”決めていただくことをオススメします。

 

 

 

 

どういうことかと言いますと、

 

 

 

 

「競争も激しいし、リーズナブルな値段のお店にしよう。」

 

 

 

 

と考えたとします。

 

 

 

 

それなのに、千葉駅だったら富士見のど真ん中など、

 

 

 

 

家賃が高いところに、内装で3千万円とか5千万円かけて立派なお店を出したとしたら、

 

 

 

 

 

リーズナブルな値段で商売をやっていくのは相当厳しいことになります。

 

 

 

(最初にドカンとお金をかけているので、それなりの値段をとらないと、採算がとれません。)

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

「どのくらいの品質で、いくらくらいの値段で、1日何人にサービスを提供したいか?」

 

 

・・・低価格

 

 

「どこに、いくらくらいお金をかけたお店を出店するか?」

 

 

・・・高価格

 

 

 

 

ということが、全然整合していないわけですね。

 

 

 

 

 

これまで私が開業相談を受けてきた中でも、

 

 

 

 

 

オーナー様の中でも、この点、整合していない方がチラホラいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

そういうときは、今一度、シミュレーションをし直すわけですが、

 

 

 

 

 

実は、この辺がしっかり決まれば、「全体でいくらのお金にすべきか?」というのが自然と決まってきます。

 

 

 

 

 

で、「全体でいくらのお金にすべきか?」が決まれば、あとは

 

 

 

・手元の自己資金がいくらあるか

 

 

 

・保証人になってくれる人はいるか

 

 

 

・担保になるようなものはあるか

 

 

 

 

 

という要素に応じて、これもまた自然に

 

 

 

 

 

「いくらくらい借りれそうか(借入でいくらを調達するか)」

 

 

 

 

 

も決まってきます。

 

 

 

 

 

こういった流れで、店舗経営を総合的に考えて、具体的な資金計画(融資の計画)を練りあげていくわけです。

 

 

 

 

 

ポイントは、

 

 

 

 

「そもそもどういうお店にしたいの?」

 

 

 

 

 

ということを、”一本筋を通して”決めていただくこと。

 

 

 

 

違う言い方をすれば、「キチンと利益がでる(でやすい)ビジネスモデルになっているか。」ということです。

 

 

 

 

銀行の審査担当者も、この点キッチリ見てきますので、

 

 

 

 

 

これから独立をご検討の未来のオーナー様は、ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

10連休と税務署10連休は、全ての税務署が閉庁です前のページ

4月22日(月)は、所得税の振替納税(自動引落)の期限です次のページ振替納税の期限

関連記事

  1. 美容室は、開業前から領収書を保存しないと、ダブルで損をします【融資と節税で不利になる】
  2. 多店舗化と幹部育成
  3. 開業前に、利用できる助成金をチェックしていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  4. 美容国保
  5. 支払遅延
  6. 独立のために通帳記帳

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP