美容業の開業

美容室・理容室を開業するあなたへ

春は独立相談が増えるので、開業融資のお話を

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

春は、独立のご相談が増える時期ということもあり、

 

 

 

せっかくなので開業融資についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

実際に、美容室を独立開業するために、新規開業資金の融資を申し込みに行くとしましょう。

 

 

 

 

まず間違えてはいけないのは、

 

 

 

「どこの金融機関に融資を申し込むか?」

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

街を見渡すと、「〇〇銀行」というのがたくさんあって、どれも一緒に見えます。

 

 

 

 

でも、実際のところは中身は全然違っていて、メインターゲットにしている客層が違います。

 

 

 

「30~40代の女性」をターゲットにしている表参道の美容室に、

 

 

「80歳のおじいちゃん」が来店したら、

 

 

 

ちょっとまあ、お互いに悲しいことになりますよね?(笑)

 

 

 

 

それと一緒で、「今からお店をオープンします。」という人は、

 

 

 

 

これから独立する人をターゲットにした金融機関に行かないといけないといけません。

 

 

 

 

じゃあ具体的にどうなのというと、美容業の個人開業の場合は基本的に、

 

 

 

「日本政策金融公庫の一択」と思っていただいてOKです。

 

 

 

 

日本政策金融公庫は、HPでも「創業支援、小口の事業資金融資」をうたっています。

 

 

 

つまり、美容室を新たに開業するという方にバッチリはまっているわけです。

 

 

 

 

次に、この日本政策金融公庫の融資は、ザックリ言って

 

 

 

保証人、担保が有る

 

・保証人、担保が無い

 

 

 

 

の2パターンがあります。

 

 

 

 

このいずれかによって、いくらまで借りられるかがおおよそ決まってきます。

 

 

 

 

実際に私が開業時の資金調達の相談をお受けするのは、30代のオーナーさんが多く、

 

 

 

 

大体は、

 

 

 

①「両親どちらかが保証人になってくれるけど、担保は無い。」

 

 

 

 

②「両親には迷惑かけたくないので、保証人も担保も無い。」

 

 

 

 

の2パターンになっています。

 

 

 

 

本当にザックリ言って、

 

 

 

 

①「両親どちらかが保証人になってくれるけど、担保は無い」

 

 

 

 

場合だと、自己資金の3倍までの融資、

 

 

 

 

②「両親には迷惑かけたくないので、保証人・担保は無し」

 

 

 

 

という場合だと、自己資金の2倍までの融資、という感じになります。

 

 

 

 

「自己資金が大事~、自己資金を貯めないと~」とよく言われているのは、こういった理由からですね。

 

 

 

 

ただ、この自己資金の2倍~3倍の融資額は、

 

 

 

 

税理士の紹介状の有無、事業計画書の精密さなどにより、大きく金額が変わってきます。

 

(実は、公庫さんは、地域の税理士と提携して業務を行っています。)

 

 

 

 

そのため、もし「希望額に対して自己資金が少ないかな?」という方は、

 

 

 

 

事前に税理士に開業相談にいかれるとよろしいと思います。

 

 

 

 

また、その際の注意点は、融資に強い税理士を選ぶようにして欲しいということ。

 

 

 

 

ご心配なら、私にご相談いただいても大丈夫です。

 

 

 

 

あなたがイメージするお店を開業するための道筋を、一緒に考えていきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室とポスレジ美容室とポスレジ【エクシードシステム・中山さん】前のページ

美容室の税務調査は突然やってくる次のページ美容業の税務調査

関連記事

  1. 美容室と開業融資
  2. 面貸し、税務調査でやばし【面貸ししている美容室は、注意!】
  3. 美容師の独立準備、「面貸し(ミラーレンタル)」のメリット・デメリット
  4. 事業譲渡により美容室を引き継ぐ場合の、2つの注意点!
  5. 美容室の開業
  6. 美容室の廃業

最近の記事

  1. テナント支援
  2. 最低賃金
  3. 実質無利息
  4. 東金市の理美容室
  5. 山武市・美容室
  6. 八潮市の理美容室
  7. 国保の減免
  8. 千葉市の理美容業

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP