事業譲渡により美容室を引き継ぐ場合の、2つの注意点!

美容室・理容室を開業するあなたへ

事業譲渡により美容室を引き継ぐ場合の、2つの注意点!

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

美容室のオーナーさんが引退を考えていて、

 

 

 

 

 

「俺、もう年だから引退しようと思ってさ、この店継いでくれないか。」

 

 

 

 

 

 

なんて打診されることがあると思います。

 

 

 

 

 

 

これを、「事業譲渡」といいます。

 

 

 

 

 

事業譲渡は、サロンの設備や備品をそのまま引き継ぐケースが多いです。

 

 

 

 

 

ですが、「今あるものだけ、マルっと引きつげるなんてお得じゃん!」てわけではないです。

 

 

 

 

そんな旨い話はありません。

 

 

 

 

 

あなたが前オーナーからサロンを引き継ぐには、

 

 

 

 

 

2つの大きな支払いが待っています。

 

 

 

 

 

それが次の2つ。

 

 

 

1.不動産物件費用

 

 

2.事業譲渡費用

 

 

 

1.不動産物件費用

 

 

事業譲渡の際に、1番大きな支出がこれではないでしょうか。

 

 

 

 

店舗運営を引き継ぐ場合は、

 

 

 

 

前オーナーから新しいオーナーへ各種契約の名義変更の手続きが必要となります。

 

 

 

 

 

その中で1番大きいものは、不動産契約です。

 

 

 

 

 

新しいオーナーになるということは、

 

 

 

 

つまり、新規の不動産の賃貸借契約となりますので、敷金など不動産物件費用を準備する必要があります。

 

 

 

 

≪不動産物件費用≫

 

 

 

・前払家賃

 

 

・敷金、保証金(家賃の5か月分~12カ月分くらい)

 

 

・礼金

 

 

・保証会社委託料(保証会社により異なりますが、家賃の1か月分ぐらい)

 

 

・火災保険料

 

 

・仲介手数料(家賃の1か月分)

 

 

 

家賃15万円の物件の場合、少なくとも不動産の初期費用に約120万円以上かかる計算になります。

 

 

2.事業譲渡費用

 

 

次に大きな支出が、この「事業譲渡費用」でしょう。

 

 

 

 

前オーナーさん引き継ぐ店舗には、

 

 

 

 

内外装の工事をはじめ、セット面・シャンプー台などの設備や備品があります。

 

 

 

 

 

これらはすべて、前オーナーさんが購入したものです。

 

 

 

 

そのため、新しいオーナーさんが引き続き使用する場合、

 

 

 

 

前オーナーさんから中古で購入することとなります。

 

 

 

 

 

通常は、前オーナーさんと「事業譲渡契約」を結び、

 

 

 

 

 

①どの物品を譲り渡すか、そして、②売却金額を決めます。

 

 

 

 

 

①については、「内外装工事及び設備・備品一式」などとして、

 

 

 

 

そのまま譲り受けるケースがほとんどです。

 

 

 

 

 

②の金額は、前オーナーさんがどのくらいかけて工事を行ったかにもよりますので、

 

 

 

 

 

話し合って決めることとなります。

 

 

3.まとめ

 

 

オーナーさんにとっても、そのサロンで働くスタッフさんにとっても愛着のあるお店なら、

 

 

 

 

「引退するから閉店しましょう」という選択は、簡単にはできないと思います。

 

 

 

 

もし、事業譲渡を打診され、サロンを継ぐことになった方は、

 

 

 

 

それだけ信頼されていた証とも言えます。

 

 

 

 

 

自分の大事なサロンとお客様を丸ごと譲るわけですから。

 

 

 

 

 

新しいオーナーさんになる方で、「資金面でちょっとムリかもしれない、、、」とお考えの方については、

 

 

 

 

公庫から創業融資をうけることも可能ですので、

 

 

 

 

もし不安な方はご相談ください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

しなくてもいい節税で、経営を悪化させてませんか?しなくてもいい節税で、経営を悪化させてませんか?前のページ

美容室のタテ看板の置き方、やりがちなミス【立て看板の集客効果半減してません?】次のページ美容室のタテ看板の置き方、やりがちなミス【立て看板の集客効果半減してません?】

関連記事

  1. 女性、若者/シニア起業家支援資金
  2. 美容室の開業
  3. 美容室の自己資金と返済義務
  4. 新創業融資
  5. 美容室と給料日
  6. 美容室・理容室の開業と、自己資金の貯金

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP