美容室と現金商売

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室・理容室が、銀行から「運転資金」を借りにくいある理由

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室や理容室は、「運転資金」が借りにくい理由をご存知でしょうか?

 

 

 

 

「運転資金」は、「入出金のタイミングの差による資金不足を埋めるための資金」

 

 

 

 

と言い換えることができます。

 

 

 

 

 

分かりやすいのは、製造業・建設業など、掛取引が中心の商売です。

 

 

 

 

 

売上の回収は2か月後だけれど、仕入は1か月後に払わなければいけない、

 

 

 

 

 

こんなケースでは、売上の入金があるまで、お金が出ていく一方です。

 

 

 

 

 

 

資金繰りをしなければ、資金はすぐにショートしてしまいます。

 

 

 

 

 

ですので、「売上の入金があるまで、一時的に足りない金額を借入で埋めましょう!

 

 

 

 

 

というお金が、運転資金です。

 

 

 

 

 

 

もう、ピンときた方がいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

美容室や理容室が、運転資金を借りにくい理由は何か?

 

 

 

 

 

それは、美容室も理容室も「現金商売」だからですね。

 

 

 

 

 

「現金商売」は、

 

 

 

 

 

売上は、お客様から即金でいただくことがほとんどです。

 

 

 

 

美容室でも、理容室でも、クレジットカード払いでない限り、

 

 

 

 

 

その日に現金で売上を回収するはずです。

 

 

 

 

 

一方で、費用は、掛けで払うことがほとんどです。

 

 

 

 

 

材料などの支払いは、末締め・翌末払いなど、後払いになります。

 

 

 

 

 

つまり、常にキャッシュが足りている状態なのが、「現金商売」の特徴であり、強みとも言えます。

 

 

 

 

 

だから銀行さんも、「キャッシュ足りてるでしょ?現金商売なんだから。」

 

 

 

 

という考えでいるので、美容室も理容室も、

 

 

 

 

運転資金は借りにくい傾向にあるんです。

 

 

 

 

 

もちろん、「借りにくい」のであって「借りれない」訳ではありませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

・「オープン前の内装工事期間にかかる店舗の家賃」

 

 

 

・「オープン前の広告宣伝費」

 

 

 

などは、売上が入る前にお金がでていくものであり、正当な理由がありますので、

 

 

 

 

運転資金として借りることが可能です。

 

 

 

 

「現金商売」だからこそ、

 

 

 

 

銀行からそんな風に見られているということは、知っておいていただいて損はありません。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

サロンと新規客「集客ってさ、新規をつかむってこと、、、」あるオーナーさんのお言葉前のページ

街路樹はくせもの、看板戦略に注意してください次のページ街路樹と美容室の看板戦略

関連記事

  1. サロンモデル・カットモデルに謝礼を払うときの注意点【美容室のオーナーさん必見】
  2. 創業相談ウィーク、公庫
  3. 美容室と定期借家契約
  4. 美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢
  5. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません
  6. 美容室理容室の開業と物件の内装、(3)「既存のお店を引き継いで開業」のメリット・デメリット

最近の記事

  1. 美容室と融資
  2. 理美容業
  3. iDeCo(イデコ)
  4. 給付延長
  5. 生命保険料控除
  6. 大切なのはキャッシュ
  7. 年末調整
  8. 足立区の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP