自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室・飲食店、開業時の新創業融資】

美容室・理容室を開業するあなたへ

自己資金と融資が下りる金額のバランスを知っていますか?【美容室開業時の新創業融資】

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

新規に美容室を開業なさる方に、ぜひ知っておいていただきたいのが

 

 

 

 

 

「自己資金と融資が下りる金額のバランス」です。

 

 

 

 

 

新規に、美容室を開業なさる方のほとんどが、

 

 

 

 

 

日本政策金融公庫の「新創業融資制度(無担保・無保証人)」で融資の申込をなさります。

 

 

 

 

 

 

簡単にいうと、こんな融資です。

 

 

 

 

「無担保・無保証で3,000万円まで借りれるよ、しかも自己資金は1/10でOKだよ。」

 

 

 

 

 

・・・なんだか、悪徳金融業者のキャッチコピーみたいですね。

 

 

 

 

 

電柱に貼ってあるチラシみたいです。

 

 

 

 

 

 

「そんなうまい話あるわけないだろ。」

 

 

 

 

 

と、普通なら全く相手にしない話なのですが、

 

 

 

 

 

 

これは、れっきとした日本政策金融公庫の創業融資の申込条件なんですよね。

 

 

 

 

この条件だけ見ると、

 

 

 

 

 

貯金0円で、親に100万円支援してもらっただけの若者にも

 

 

 

 

 

900万円の融資が下りることになります。

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい、そうはいきません。

 

 

 

 

 

ぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

 

制度上①「申込ができる金額」と、

 

 

 

 

実際に②「融資が下りる金額」は、全く別です。

 

 

 

 

 

どういうことか簡単に言うと、

 

 

 

 

①「申込ができる金額」は、自己資金の9倍まで、

 

 

 

 

 

つまり、自己資金と融資申込金額のバランスは、1:9。

 

 

 

 

 

このバランスまで申込むことができます。

 

 

 

 

 

 

 

一方、その申込の結果として、

 

 

 

 

 

②「融資が下りる金額」は、

 

 

 

 

 

実際は、自己資金の2倍から3倍が限度であることが多いです。

 

 

 

 

 

 

つまり、自己資金と融資金額のバランスは、1:2~1:3。

 

 

 

 

 

300万円の自己資金であれば、600万円~900万円。

 

 

 

 

 

このバランスの融資を受けることができるということです。

 

 

 

 

 

 

①いくら申込ができる金額が大きくても、

 

 

 

 

 

②実際に融資が下りて、

 

 

 

 

現金が手元に入らなければ何の意味もないですよね。

 

 

 

 

 

だからこそ、覚えておいていただきたいのは、

 

 

 

②「融資が下りる金額」1:2~1:3のバランスです。

 

 

 

 

 

 

自己資金は多ければ多いほど、お金を借りやすいです。

 

 

 

 

 

そして自己資金は、自分の収入の中から、毎月貯金していたようなお金であれば、

 

 

 

 

 

「独立開業に向けて、しっかりと準備をしていたんだな」

 

 

 

 

 

という高評価につながります。

 

 

 

 

 

しっかりとした資金計画と決意を持って、

 

 

 

あなたの事業を成功に導いてください

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」前のページ

「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室のオーナーさんへ】次のページ「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室・飲食店のオーナーさんへ】

関連記事

  1. 源泉徴収票と美容室
  2. 交際費と脱税
  3. キャッシュフローと納税
  4. 青色申告と「所得税の青色申告承認申請書」の税務署への届出【期日は厳守です!】
  5. 美容室と据置期間
  6. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP