独立のために通帳記帳

美容室・理容室を開業するあなたへ

独立のために、マメに通帳を記帳しておいてください

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

あなたが将来、独立開業なさるのであれば、

 

 

 

 

 

毎月マメに通帳を記帳しておくことをオススメします。

 

 

 

 

 

これは、1日でも早い方が望ましいです。

 

 

 

 

 

「ネットバンクで、いつでも過去の通帳を見れるから大丈夫!」

 

 

 

 

 

とお思いの方もいるかもしれませんが、

 

 

 

 

 

ネットバンクだと3ヵ月しか遡って見れないなど、思わぬ制限があったりするので、

 

 

 

 

 

やはりネットバンクにしている方であっても、

 

 

 

 

 

紙の通帳も用意して、月に1度は記帳しておくことをオススメします。

 

 

 

 

 

※公庫の面談では、過去6か月分の通帳を求められるからです

 

 

 

 

 

特に、税理士などを通さずに、ご自身で融資の手続きを進める方は、

 

 

 

 

 

公庫にいきなり必要書類のリストを提示されて、

 

 

 

 

 

面談前に焦ってしまうことも多いかと思います。

 

 

 

 

 

あなたが理想とする美容室・理容室を開業するために、

 

 

 

 

 

リスクは1%でも排除しておいてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

有給休暇の義務化ついに、有給休暇の取得が義務化される前のページ

長期の借入にすることで、毎月の利益のハードルを低くする。次のページ借入の返済は長期間が安全

関連記事

  1. シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】
  2. 消費者金融は利用しない
  3. 自己資金の重要性
  4. 融資の申込では、信用情報が大事です、あなたは大丈夫ですか?【飲食店・美容室を開業予定の方へ】
  5. 女性美容師さんの独立
  6. 美容室の開業当初における「広告宣伝費」の優先度【サロンにお客様を集客できてますか?】

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP