美容室と税理士

美容室・理容室を開業するあなたへ

あなたのお店が、誰かのお店を潰します【激戦区における美容室の生存戦略】

 

 

税理士の山本です。 

 

 

 

 

激戦区に美容室を出店する場合、あなたのお店の生存率を上げる戦略があります。

 

 

 

 

 

①あなたの出店予定地の商圏内にあるお店で、

 

「コンセプト・価格・メニュー」で競合するお店を調査します。

 

 

 

 

 

②同一商圏内の何店舗との競争ではなく、そのターゲット店舗だけに照準を合わせます。

 

 

 

 

 

③そのターゲット店舗へ、集中して競争対策を行います。

 

 

 

 

 

時代に合った店舗デザインを施した新しい店舗のほうが、競争力は高いです。

 

 

 

 

 

あとは、短期決戦、ターゲット店舗からいかに早く顧客を奪えるかどうかです。

 

 

 

 

 

 

激戦区で戦っている店舗は、消耗戦で弱っています。

 

 

 

 

 

自分のお店の競争対策をされた新しいお店に少しお客を取られると、一気に経営が難しくなります。

 

 

 

 

 

そのうちに、ターゲット店舗は潰れてしまいます。

 

 

 

 

 

そうすると、その潰されたお店に来ていたお客様が、新しく出店したあなたのお店に一気に流れ込みます。

 

 

 

 

 

 

昨年オープンした美容室のオーナーさん、オープンして半年間は厳しい状況でしたが、

 

 

 

 

 
ターゲット店舗が潰れた後、一気にお客様の数が増えました。

 

 

 

 

 

「必ず生き残る」と決めたのなら、こういった戦略も時に必要です。

 

 

 

 

 

綺麗事だけでは勝てません。

 

 

 

 

 

覚えておいていただいて、損はないと思います。

 

 

 

<ちなみに>

 

 

あなたのお店が逆の立場になっては、元も子もありません。

 

 

対策としては、この記事を参考にしてみてください。

 

 

「『銀行借入の返済期間』と『お店のリニューアル』は、重要な関係性があることを知っていますか?」

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】「面貸し(ミラーレンタル)」と税務調査、外注費・給与の判断基準【美容室のオーナーさん必見】前のページ

「扶養控除」ができるのは子供だけとは限りません。年収103万円以下の扶養親族を、確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?次のページ「扶養控除」できるのは子供だけとは限りません。年収103万円以下の扶養親族を、確定申告・年末調整でちゃんと控除していますか?

関連記事

  1. 借入を活用する
  2. 美容室とお祝い
  3. 低価格サロン
  4. 「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  5. 節税は悪
  6. 美容室と開業融資

最近の記事

  1. 実質無利息
  2. 東金市の理美容室
  3. 山武市・美容室
  4. 八潮市の理美容室
  5. 国保の減免
  6. 千葉市の理美容業
  7. 固定費の管理
  8. 屋外のマスク

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP