面貸し(ミラーレンタル)で働く美容師さん、急いで届出ださないとすげえ損しますよ?

美容室・理容室を開業するあなたへ

業務委託・面貸しで働く美容師さん、急いで届出ださないと損しますよ?

 

税理士の山本です。

 

 

 

業務委託・面貸しで働いている美容師さんが、

 

 

 

念願かなって自分のサロンをオープンする時には、注意が必要です。

 

 

 

 

 

急いで、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署にだしてください。

 

 

 

 

 

そう、急いで青色申告をして欲しいんです。

 

 

 

 

 

業務委託・面貸しというのは、

 

 

 

 

税務署からみると、実はすでに、開業していることになります。

 

 

 

 

 

業務委託・面貸しの美容師さんを大量に抱える大手美容室さんでは、

 

 

 

 

 

その美容室の税理士さんと契約させられたあげく、

 

 

 

 

「開業届」だけしか出してないみたいです。

 

 

 

 

 

そう、ほとんどの面貸し美容師さんは、ちゃんとした節税のためのアドバイスを受けていないようです。

 

 

 

 

 

 

1番ダメージが大きいのは、「所得税の青色申告承認申請書」を出していないこと。

 

 

 

 

 

これを出しておかないと、

 

 

 

 

 

念願かなって自分のサロンをオープンしたとしても、

 

 

 

オープンした年の赤字を繰り越す事ができなくなります。

 

 

 

 

 

青色申告をしていると、赤字がでたら3年間繰り越せて、

 

 

 

 

2年目以降の黒字から引けるというメリットがあります。

 

 

 

 

 

通常は、出店コストが多額なので、ほとんどのサロンが開業1年目は赤字になり、

 

 

 

 

 

サロンが軌道に乗ってきた2年目以降の黒字で、1年目の赤字を回収していくという流れになります。

 

 

 

 

 

青色申告をしていないと、これができない。

 

 

 

 

 

100万円の赤字が使えないと考えたら、税率30%としてら30万円の現金を捨ててるようなものですよ。

 

 

 

 

 

なんてもったいない。

 

 

 

 

 

 

あなたが業務委託・面貸し美容師を始めた時点で、「開業」なんです。

 

 

 

 

 

だから、「所得税の青色申告承認申請書」は、すぐにでも税務署に提出しておく必要があります。

 

 

 

 

 

期限までにださないと、その1年間、青色申告は認められません。

 

 

 

 

 

昨年、開業サポートのご相談をいただいた美容師さんが何人かいたんですが、

 

 

 

 

 

その人たちは、ほぼ全員「所得税の青色申告承認申請書」が未提出でした。

 

 

 

 

 

大手美容室に在籍していた人ですら、出していなかったんです。

 

 

 

 

 

面貸しで働き始めたら、まずは、「開業届」と「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に出してください。

 

 

 

 

 

そうしないとすごく損をします。

 

 

 

「個人事業の開業・廃業等届出書」 は、開業した日から1か月以内

 

 

「所得税の青色申告承認申請書」  は、開業した日から2か月以内

 

 

 

 

税務署に、「知りませんでした。間に合いませんでした。」は通じません。

 

 

 

 

出していない美容師さんは、今すぐ出してきてください。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

郊外型の美容室と、駐車場の重要ポイント【女性に優しいロケーションにしていますよね?】郊外型の美容室と、駐車場の重要ポイント【女性に優しいロケーションにしていますよね?】前のページ

シニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】次のページシニア世代の女性と美容室のカラー需要【あなたの技術を必要としている人がいます】

関連記事

  1. 美容室の開業
  2. 「個人事業」と「法人」の社会保険の違いに気を付けてください【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  3. 「個人事業の開業・廃業等届出書」お店をオープンしたら税務署に出しましょう
  4. 業務委託と面貸し
  5. 開業と事業計画書の制度
  6. 高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】

最近の記事

  1. 美容室と融資
  2. 理美容業
  3. iDeCo(イデコ)
  4. 給付延長
  5. 生命保険料控除
  6. 大切なのはキャッシュ
  7. 年末調整
  8. 足立区の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP