開業のポイント

美容室・理容室を開業するあなたへ

銀行からお金を借りるための3つのポイント【新規に開業なさるオーナー様へ】

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

今年の5月から新元号令和になったこともあり、

 

 

 

新規に開業したいというご相談をいただくことが増えてきました。

 

 

※「令和元年開業」というのは、やはり響きもキリもいいですよね

 

 

 

そこで、1年以内に開業をご検討なさっている未来のオーナー様に、

 

 

 

金融機関からお金を借りるために、覚えておいていただきたいポイントを3つお伝えさせていただきます。

 

 

1.勤務経験

 

 

まずはこれ。勤務経験です。

 

 

 

「プロとしての技術」「マネジメント経験」

 

 

 

など、開業後に必要となるノウハウをどれだけ積み上げてきたかが、融資では重視されます。

 

 

 

〇年以上の勤務経験がなければダメ、店長などの経験がなければダメ、

 

 

 

など、一律の基準があるわけではありませんが、

 

 

 

あればあるだけお金を借りるときには有利に働きます。

 

 

 

2.自己資金

 

 

次にこれです。

 

 

 

開業に向けて「コツコツ」貯金してきたという事実を通帳で見せられるかが、融資では大切になります。

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

・お金を管理できることが、経営者として求められる能力の1つであること

 

 

・創業に向けた熱意を、目に見える形でアピールできること

 

 

 

という理由があるためです。

 

 

 

3.公共料金・家賃・ローンの支払い

 

 

最後にこれです。

 

 

 

公共料金、家賃、住宅ローンなど、過去の生活費の支払状況が、融資では重視されます。

 

 

 

支払が遅れていると、もちろん評価が下がります。

 

 

 

「生活費すらスケジュール通り支払えない人に、借入を計画通り支払えるわけがない。」

 

 

 

という評価になってしまうからです。

 

 

 

4.まとめ

 

 

「勤務経験は、十分にあるだろうか?」

 

 

「自己資金は、十分に貯めてるだろうか?」

 

 

「生活費の支払いは、遅れてないだろうか?」

 

 

 

まずは、この3つがクリアできているかどうかを確認してみてください。

 

 

 

なお、「私ってクリアできているかな」と不安を感じた方は、1度ご相談ください。

 

 

 

スムーズな開業に向けて、一緒に計画を立てていきましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

関連記事

  1. 開業と減給
  2. 美容室・理容室の開業と、自己資金の貯金
  3. 人を雇うなら
  4. 美容室の工事期間を使って新規客につなげる驚きの方法!【工事期間は宝の山】
  5. 消費者金融は利用しない
  6. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その③「開業までのスピード」】

最近の記事

  1. 開業と減給
  2. 面談と通帳
  3. 美容室と自己資本比率
  4. 美容室と在庫
  5. 美容室と粉飾決算
  6. 貸借対照表のスリム化
  7. 美容室と年末調整
  8. 美容室と住宅ローン控除

アーカイブ

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP