美容室と開業融資

美容室・理容室を開業するあなたへ

消費者金融等で借りている(いた)人は、必ずチェックが必要です!!

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

先日、融資のご相談で、消費者金融に関するご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

よくあるご質問なのでシェアさせていただきます。

 

 

 

【ご質問】

 

「実は、今、消費者金融から借り入れがあるんです。

これって銀行融資にマイナスになりますよね?」

 

 

 

【メガネ税理士の回答】

 

 

「返済に遅延がなければ、必ずマイナスになるわけではありませんよ。

 

ただ、現在遅延している場合は、今すぐに支払いをしてください。

 

もし、遅延し続けると金融事故扱いになってしまい、

 

100%融資が受けられなくなります。」

 

 

 

 

 

消費者金融から借入している場合、「遅延」は絶対ダメです。

 

 

 

 

特に、日本政策金融公庫から借入を考えているのであれば、

 

 

 

 

 

審査上のダメージが大きすぎます。

 

 

 

 

 

また、融資申込時に消費者金融から借入をしている方は、遅延をしていない場合でも

 

 

 

「なぜ、消費者金融で借りたのか」

 

 

 

 

を、銀行の審査担当者に高い確率で質問されますので、

 

 

 

 

 

事前に、正当な理由を考えていくといいです。

 

 

 

 

 

 

なお、当たり前ですが、ギャンブルのため・趣味のためなどの理由は、

 

 

 

 

 

正当な理由になりませんのでご注意くださいね。

 

 

 

 

あなたの成功を、いつも応援しています。

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と街路樹と立地街路樹が集客にとってマイナスとなることを知っていますか?前のページ

融資申込前には、支払いの遅延がないかをチェックしましょう【忘れやすい5つの確認先】次のページ美容室と開業融資

関連記事

  1. 個人事業と法人設立

    美容室・理容室を開業するあなたへ

    個人事業と会社設立の選択 どっちがお得なの?

    友人・知人問わず、事業を始めようとする人から相談を…

  2. 任意継続
  3. テナント物件契約時の5つの支払い【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  4. 高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】
  5. 開業と事業計画書の制度
  6. タンス預金や貯金箱での貯金は、自己資金として認められないかもしれません

最近の記事

  1. 月次支援金と美容室
  2. 佐倉市の理美容室
  3. 藤沢市の理美容業
  4. 木更津市の理美容業
  5. 板橋区の理美容業
  6. 月次支援金と理美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP