美容室・理容室の現金管理の方法、その①「小口現金はいりません」

美容室・理容室を開業するあなたへ

美容室の現金管理の方法、その①「小口現金はいりません」

 

 

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

 

美容室は、他の業界とくらべると現金商売の色が濃い業界です。

 

 

 

 

 

つまり、盗難・紛失・横領などのリスクがあるので、

 

 

 

 

 

他の業界よりも現金管理の方法が重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、オーナーさんにとって本当に大事なことなので

 

 

 

 

 

今回と次回、2回にわけて、

 

 

 

 

 

「美容室の現金管理の方法」についてお話しさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、第1弾、「小口現金はいりません」です。

 

 

 

 

 

 

まず、お店に置かれる現金は大きく分けて、

 

 

 

(1)「レジ現金」

 

 

(2)「小口現金」

 

 

 

の2つがあります。

 

 

 

 

 

 

(1)「レジ現金」は、レジの中に入れている現金のこと。

 

 

 

 

 

お客様から頂いた売上代金だったり、お釣りを渡したりするための現金ですね

 

 

 

 

 

 

次に、

 

 

 

 

 

(2)「小口現金」は、お店の経費を払うために置いておく現金のこと。

 

 

 

 

 

 

・サロンでお客様が読む雑誌をコンビニに買いに行く

 

 

 

・お店で足りなくなった食材をスーパーなどに買いに行く

 

 

 

 

 

など、ちょっとした経費の支払いのために置いておく現金です。

 

 

 

 

 

 

どちらも、現金がお店に置かれていることには変わりありませんので、

 

 

 

 

 

いつ、盗難・紛失・横領が起きてもおかしくありません。

 

 

 

 

 

 

 

そして、これを防止するため大事なのが、「そもそもお店に現金を置かないこと」。

 

 

 

 

 

現金がなければ、管理の必要もありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、私がお客様にオススメしているのが、

 

 

 

 

 

「お店に小口現金を置かないこと」です。

 

 

 

 

 

 

どういうことでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

「レジ現金」は、お客様にお釣りを払わないといけないので、どうしても必要です。

 

 

 

 

 

 

大事なお客様を、会計でお待たせするわけにはいきませんよね。

 

 

 

 

 

 

ですが、「小口現金」は、実はなくても問題なかったりします。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、オーナーさん(2店舗目以降は店長)がポケットマネーで立て替えておけばいいんですから。

 

 

 

 

 

 

そして、週に1度などのペースで、領収書と引換えに経費精算すればいいんです。

 

 

 

 

 

  *精算方法は、銀行振込が望ましいです。

 

 

 

このように、「お店に小口現金を置かない」仕組みを作って、

 

 

 

 

 

盗難・紛失・横領などのリスクを無くしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

今回は、「小口現金」を置かないメリットについてお話しさせていただきました。

 

 

 

 

次回は、「レジ現金」の管理方法についてお伝えしますね。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】創業融資では、自己資金の「貯め方」が重視される理由を知っていますか?【貯金は大事】前のページ

美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」次のページ美容室・理容室の現金管理の方法、その②「レジ現金の管理は徹底してください」

関連記事

  1. 個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その③「開業までのスピード」】
  2. 地方自治体による「制度融資」の内容【飲食店・美容室を開業する際の、公庫以外の選択肢】
  3. 独立したオーナー様
  4. 美容室・理容室の開業と物件の内装、①「スケルトン物件」のメリットデメリット
  5. 高すぎ!?美容室とホットペッパービューティーの広告宣伝費について【新規顧客からリピーターへ】
  6. 開業と減給

最近の記事

  1. 美容室と融資
  2. 理美容業
  3. iDeCo(イデコ)
  4. 給付延長
  5. 生命保険料控除
  6. 大切なのはキャッシュ
  7. 年末調整
  8. 足立区の美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP