タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?

美容室・理容室を開業するあなたへ

タンス預金は、融資の時に自己資金と認められない可能性があるのを知っていましたか?

 

 

税理士の山本です。

 

 

 

 

美容室を、これから開業を予定している方からご相談を受けると、

 

 

 

こんな話がでることがあります。

 

 

 

 

 

「今、独立に向けて、タンス預金してるんですよ。」

 

 

 

 

 

私「今すぐ、そのタンス預金を預金口座に入金してください。今すぐにです。」

 

 

 

 

 

 

はい、時々いらっしゃいます、タンス預金をしている方が、

 

 

 

 

結論から言うと、タンス預金はやめてください。

 

 

 

 

 

1秒でも早く、あなたの預金口座に入金してください。

 

 

 

 

 

 

もし、融資申し込みのタイミングで、そのタンス預金(現金)を封筒に入れて、

 

 

 

 

 

銀行の融資担当者に

 

 

 

「自己資金です、タンス預金でコツコツ貯めました!」

 

 

 

 

 

といっても信用してもらえません。

 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

そのお金は、どこからか一時的に借りてきたお金(「見せ金」)ではないか、

 

 

 

 

 

という疑いを消すことができないからです。

 

 

 

 

 

 

開業時の融資を申し込むときに、「自己資金」が重要だと認識している方は多いのですが、

 

 

 

 

 

「自己資金の貯め方」をしっかり認識している方は、意外と少ないです。

 

 

 

 

 

 

自己資金は「自分でコツコツ貯めたお金」が原則であり、

 

 

 

 

 

それを証明するのが、「預金通帳」などの書類になります。

 

 

 

 

 

 

①自己資金をコツコツ貯めること

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

②コツコツ貯めたということが、預金通帳などの書類で見える状態にしておくこと

 

 

 

 

 

 

この2つが大事になりますので、忘れないでくださいね。

 

 

 

<今日のまとめ>

 

 

「タンス預金、ダメ絶対」

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その⑤「赤字になった時の違い」】個人事業と会社(法人)、どう違うの?どっちが有利なの?【その⑤「赤字になった時の違い」】前のページ

残業したスタッフさんに支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?次のページ残業者に支給する食事は、原則、給与にならないことを知っていますか?

関連記事

  1. プライベートサロンの開業
  2. 開業前に、利用できる助成金をチェックしていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  3. みなし自己資金
  4. 就業規則と美容室
  5. 開業するとき、どのタイミングで税理士に依頼すればいいか知っていますか?【美容室・飲食店のオーナーさんへ】
  6. 美容室の自己資金と返済義務

最近の記事

  1. 税理士変更
  2. 理美容室の賞与
  3. 家賃支援
  4. テナント支援
  5. 最低賃金
  6. 実質無利息
  7. 東金市の理美容室
  8. 山武市・美容室

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP