美容室と定期借家契約

美容室・理容室を開業するあなたへ

定期借家契約で物件を借りるオーナーさんへ

 

税理士の山本です。

 

 

 

これから新しく開業なさるオーナー様の中には、

 

 

 

「定期借家契約」で物件を借りられる方もいるかもしれません。

 

 

 

都心部であればあるほど、定期借家契約の物件が増えてきています。

 

 

 

定期借家契約は、更新の定めがないのが最大の特徴。

 

 

 

そんな定期借家契約で物件を契約するのであれば、1点注意していただきたいことがあります。

 

 

 

それは、契約の更新についての契約書の条項に、

 

 

 

「但し、甲乙協議の上、双方合意の場合は、本契約期間満了の日の翌日を始期とする新たな賃貸借契約をすることができるものとする。」

 

 

 

のように、更新の可能性があるという文言を入れていただくよう、貸主様にご依頼いただきたいということ。

 

 

 

なぜかというと、

 

 

 

上記の文言をいれていただくことにより、

 

 

 

銀行融資の返済期間を、普通借家契約と同様の期間にすることができるためです。

 

(逆に、上記の文言が入っていないと、定期借家契約の期間が返済期間の上限となります)

 

 

 

内装工事や物件取得費、つまり設備資金を、

 

 

 

①普通借家契約同様、7年以上の期間で返せるのか

 

 

 

②定期借家契約として、契約期間で返すのか(2~5年が多いと思います)

 

 

 

更新の可能性があるという文言が入っているかいないかで、

 

 

 

返済期間が大きく変わってきます。

 

 

 

資金繰りに与える影響は、計り知れません。

 

 

 

定期借家契約で物件を契約なさる際は、忘れずに文言を入れていただくようにしてください。

 

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

成田の美容室成田市創業支援補助金【成田のオーナー様へ】前のページ

レシートと領収書、どっちをもらえばいい?次のページ領収書とレシート

関連記事

  1. キャッシュフローと納税
  2. 消費者金融
  3. 千葉駅の美容室
  4. 女性と軽自動車、立地調査
  5. スタッフを雇ったときの「7つの書類」(架空人件費に注意)
  6. 物件の現地確認で、必ずチェックしたい4つのポイント、その②「電気設備・ガス設備」

最近の記事

  1. 生命保険料控除
  2. 大切なのはキャッシュ
  3. 年末調整
  4. 足立区の美容室
  5. 専従者給与の変更
  6. 電子申告か、それ以外か
  7. 船橋の美容室
  8. メインバンク変更

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP