領収書とレシート

思ったこと、感じたこと

レシートと領収書、どっちをもらえばいい?

 

税理士の山本です。

 

 

 

レジに並んでいると、「領収書をください。」と言っている方を見かけることがあります。

 

 

 

特に混んでいる時は、後ろからの視線が痛いですよね、、、。

 

 

 

レシートがもらえるのに、あえて領収書をもらっている方に聞いてみたことがあるのですが、

 

 

 

「レシートでは、経費として認められないと思っていた。」とのこと。

 

 

 

昔からの習慣でそのように思っている方もいますが、

 

 

 

よほど古いレジでない限り、最近のレジから発行されるレシートには、

 

 

 

日付、支払金額、何を購入したか、どこで購入したか、といった情報が

 

 

 

しっかり記載されていますので証拠書類として十分有効です。

 

 

 

むしろ、領収書には商品などの内容が記載されていない分、

 

 

 

レシートの方が信頼性は高いといえます。

 

 

 

税務調査でも領収書だと内容をあれこれ聞かれますし、

 

 

 

「わざわざ領収書をとるなんて、隠したいことでもあるのでは?」

 

 

 

とあらぬ疑いをかけられることもあります。

 

 

 

また、個人的には、レジで領収書を発行することによって、

 

 

 

1番大切な「時間」が奪われるのがもったないと感じます。

 

 

 

いままで領収書をもらっていたオーナー様には、

 

 

 

経費にするならレシートで十分有効というのは、

 

 

 

知っておいていただきたいところです。

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室と定期借家契約定期借家契約で物件を借りるオーナーさんへ前のページ

フランチャイザーとフランチャイジー次のページフランチャイズ

関連記事

  1. 美容室理容室専門の税理士、山本佳
  2. 美容室理容室専門の税理士、始動

    思ったこと、感じたこと

    チーバくんに学ぶ心構え

    千葉県民なら誰もが一度は、彼を見たことがあると思い…

  3. 共通点
  4. pc

    思ったこと、感じたこと

    パソコンが苦手ですか?

    昨今、仕事には欠かせない我らの相棒、そう、…

  5. 美容室の退職

最近の記事

  1. 一時支援金
  2. 事業再構築補助金
  3. 女性美容師さんの独立
  4. 美容室とPCR検査
  5. キャリアアップ助成金
  6. 社会保険料と美容室・理容室
  7. 美容室・出店
  8. 理容師・美容師さんと社保の扶養

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP