美容室の看板(カンバン)広告でこんな間違いしてないですよね?

美容室と集客

美容室の看板広告のデザインで、こんな間違いしてないですよね?

 

 

税理士の山本です。

1.看板の勘違い

 

 

私、昔の名刺には、

 

 

 

 

 

「certified tax accountant Kei Yamamoto」

(和訳:税理士 山本佳)

 

 

 

 

 

こんな感じで書かれていました。

 

 

 

 

カッコいいですよね、英語表記。

 

 

 

 

 

調子乗ってる感じがあるのが否めないのはさておき。

 

 

 

 

 

でも、お客様から見たらどうでしょうか?山本が何をする人か、一目で分かりません。

 

 

 

 

 

「税理士・山本佳」
 

 

 

 

 

の方が、まだ分かりやすいです。

 

 

 

 

 

何が言いたいかといえば、

 

 

 

 

「カッコいいではなく、わかりやすい」方が、伝わるということ。

 

 

 

 

 

カッコよさを前面に押し出した伝え方は、ほとんどの場合、お客にとっては迷惑です。

 

 

 

 

 

分かりにくいと、探しているのに、見つからない。

 

 

 

 

 

ちなみに、ここで素人から見た事実をお伝えします。

 

 

 

 

 

ほとんどの美容室さんの看板は、「オシャレすぎて分かりにくい」です!

 

 

 

 

 

だって、「美容室」って、書くとダサいから。オシャレじゃないから。

 

 

 

 

 

「『HairSalon』とか、『オシャレなロゴ』とか、書いとけば分かるでしょ?」

 

 

 

 

 

なんて思ってしまって、「カッコよさ重視」で作ってしまうんですね、看板を。

 

 

 

 

 

これ、集客を考えた時、NGです。

 

 

2.お客様の来店理由

 

 

美容室のほとんどのお客様の来店理由は、

 

 

 

 

 

あなたのお店が「近い」から。

 

 

 

 

 

 

 日本政策金融公庫などのアンケート結果を見ると一目瞭然です。

 

 

 

 

 

それなのに、多くのサロンがやってしまう間違いが次の通り、

 

 

 

 

 

①「近く」から来るお客様に、分かりにくい看板をお店に掲げて、

 

 

 

 

 

②「遠く」のお客様を集客するための「ホームページ」や「ネット検索媒体」に、高額なお金を使っている。

 

 

 

 

もう一度お伝えすると、ほとんどのお客様は、「近く」から来るんです。

 

 

 

それなのに、①の満足度を下げて、②の満足度を上げに行ってるんですね。

 

 

 

 

 

 

そもそも、広告に関する考え方が間違っていると思います。

 

 

 

 

 

高価格帯だったり、分かりにくさとか、隠れ家的なコンセプトを売りにしているサロンが

 

 

 

 

 

やるならいいですけどね。

 

3.まとめ

 

 

お金に余裕がない創業期の美容室が生存するには、広告戦略を間違えると大変なことになります。

 

 

 

 

 

美容室の開業相談では毎回必ずお願いしていることですが、

 

 

 

 

「看板は、『カッコいいではなく、わかりやすい』を重視してください。」

 

 

 

 

よろしくお願い致します<(_ _)>

 

 

The following two tabs change content below.

kei

税理士の山本 佳です。千葉・東京を中心に、美容室・理容室の経営者の方々へ、税務顧問サービス・融資サポートを行っています。美容室・理容室の顧問契約、開業や融資でお悩みの方は、ご相談ください。

美容室とタバコ【喫煙が失客に直結する怖さ】美容室とタバコ【煙草・喫煙が失客に直結する怖さ】前のページ

お金を貯めるには、税金を払うのが1番の近道?次のページお金を貯めるには、税金を払うのが1番の近道?

関連記事

  1. 美容室と営業
  2. 中央分離帯と美容室の集客
  3. 美容室の指名数
  4. 美容師とセルフブランディング
  5. サロンとキッズスペース

    美容室と集客

    キッズスペースと対象年齢

    税理士の山本です。&n…

  6. ポスティングの反応率

最近の記事

  1. 家賃支援
  2. テナント支援
  3. 最低賃金
  4. 実質無利息
  5. 東金市の理美容室
  6. 山武市・美容室
  7. 八潮市の理美容室
  8. 国保の減免

ブログをメールで購読

当ブログの更新情報をメールでお知らせします。

Twitter

アクセス

 

〒260-0031

千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3

CSB新千葉ビル601

 

対応エリア

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県

 

*この他の地域の方もご相談いただけます。

 

お気軽にお問合せ下さい。

LINEでのお問い合わせ

友だち追加
LINEでのご相談も、お気軽にどうぞ。

お問い合わせの際には、下記の項目をお送りください。

①お名前、②お問い合わせ内容
PAGE TOP